弁護士費用

弁護士へはじめてご依頼される場合,弁護士へ依頼すると費用が高そう,いったい費用がいくらかかるのか不安だ,といった印象を持たれる方が多くいらっしゃるかと思います。

一般的には,弁護士に法律相談されると相談料がかかります。また、法律事務所に事件を依頼される場合、着手金を支払わないとなりません。

ご相談される方が不安を抱かれるのは,これら費用が不明瞭であることが大きな理由になっていると思います。

そこで,当事務所では,以下のとおり,弁護士費用をできるだけわかりやすく設定しております。

弁護士費用(弁護士費用特約ありの場合)

被害者の皆様やご家族等が保険に加入されている場合、弁護士費用特約の有無を是非ご確認ください。弁護士費用特約がご利用になれる場合,重度後遺障害事案を除いては,ご依頼者の方の金銭的なご負担なくご相談・ご依頼をお受けできます。

>>>弁護士費用特約のご利用をご検討中のお客様へ~幣事務所からお客様へのお願い

>>>弁護士費用特約についてはこちら

 

弁護士費用(弁護士費用特約なしの場合)

相談料金

・初回法律相談料金無料

当事務所では、できるだけ多くの交通事故被害者の方の助けになりたいとの思いから,交通事故被害者の方の初回法律相談料金を無料にしております。事案の性質上,ご依頼をお受けできない事件であっても初回法律相談料は無料ですので,些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

着手金

・着手金無料

交通事故に遭うと、治療費をはじめ何かと金銭の支出が増えます。当事務所では、交通事故被害者の方にとって、経済面でもサポートさせて頂くために、受任時の着手金は無料とさせて頂いております。

なお、弁護士費用特約が付帯している場合においては、ご加入の保険会社から着手金を支払っていただくことになるため、ご依頼者の方のご負担はありません。

弁護士報酬(いずれも消費税別)

保険会社から示談金の提示がまだない場合(治療中等)は,

~20万円+総賠償額の10%+実費

保険会社から示談金の提示が既にある場合は、

~20万円+提示額から増額した分の20%+実費

重度後遺障害を負われた方の「報酬減額制度」について

死亡事故のご遺族や、既に自賠責保険において後遺障害等級1~10級が認定された被害者の方は、今後の生活において、多くのご不便や支障が生じることと思われます。そこで、当事務所では、そのような被害者の方々の経済的なご負担を少しでも減らしたいとの思いから、以下のとおり、上記の標準報酬基準よりも安価な報酬基準を設定させていただいております。

法律相談料金 何度でも無料
着手金 無料
報酬 金  保険会社から示談金の提示がまだない時点(治療中等)でご依頼をお受けした場合   総賠償額の8%(消費税別)
 保険会社から示談金の提示がされた後にご依頼をお受けした場合  保険会社の提示額から増額した金額部分の20%(消費税別)

 

その他

1.実費が別途必要となります。

2.自賠責保険の審査結果に対し異議申し立てをする場合、原則として、1回につき別途5万円(消費税別)の事務手数料が必要となります。

3.示談交渉により話し合いがつかず、訴訟に移行する場合、原則として、一審ごとにつき別途20万円~(消費税別)の訴訟着手金が必要となります。
4.中途解約となる場合の弁護士費用は、契約時に詳細を説明致します。

※実費とは?

弁護士の交通費、通信費、訴訟費用(裁判をする場合、裁判所へ納付する印紙、郵便切手の代金など)、書類の印刷費用、第三者や鑑定人による鑑定費用、カルテや実況見分調書等の資料取り寄せに要する費用、医師の意見書や診断書・レセプト発行費用等です。

 

賠償金の増額は見込めるものの、弁護士に依頼したことにより、かえって費用倒れとなってしまう可能性が見込まれるケースにつきましては、ご相談時にその旨ご説明致しますのでご安心ください。

 

なお、以下の事案に関しましては、現在、当事務所ではお取り扱いしていませんのでご了承下さい。

・加害者側の方からのご相談

・自損事故についてのご相談

・物損についてのみのご相談(怪我をされ,1か月以上通院をされた,またはされる見込みの場合は除きます。)

・相手が任意保険に加入していない事故の場合(ただし、重大な事故の場合、後遺障害等級の認定を既に受けている方の場合、弁護士費用特約が利用できる場合を除きます。)

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら