【解決事例】追突事故により、むち打ち症の主婦が総額350万円以上獲得した事例

 

依頼者 30代 女性 パート
後遺障害等級 14級
負傷部位
傷病名 頸椎捻挫
獲得額合計 355万円

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 約120万円
休業損害 約30万円
逸失利益 約90万円
後遺障害慰謝料 約100万円
治療費等その他 約60万円
損害小計 約400万円
既払い額 約45万円
過失割合控除 0
自賠責保険金 75万円
獲得額合計
(自賠責保険金+解決金)
約355万円

 

 

1 ご相談内容

車対車の追突事故に関するご相談です。事故発生から3週間程度でご相談いただきました。

今まで交通事故に遭ったことがなく、病院の選び方や通い方、交通事故全般の流れがわからず不安とのことでした。弁護士費用特約にも入っており、弁護士費用については心配ないと思われましたので、事故の初期の段階でご依頼いただきました。

 

2 サポートの流れ

本件は、いわゆるむちうち症の案件で、首の痛みを訴えていらっしゃいました。まだ頸椎のMRIを撮影されていなかったため、なるべく早期にMRIを撮影いただくようアドバイスいたしました。

 

1年以上治療を続けていましたが、首の痛みなどがとれないため、後遺障害等級の申請に進むことにいたしました。その結果、首の痛みに14級が認定され、示談交渉に進むことになりました。

 

示談交渉における争点は、治療期間の長さと、休業損害でした。

 

相手方保険会社は半年ほどで治療費の支払いを打ち切りましたが、その時点で被害者にはまだ痛みがあり、治療の継続をご希望でしたので、健康保険で治療を続けており、健康保険の負担分などが争点になりました。

休業損害については、主婦休業損害が問題となり、主にどの程度の休業が必要だったかという「休業割合」について争点になりました。

 

3 解決内容

一般的にむち打ち症の治療期間は6ヶ月ですが、依頼者様は実際に1年以上痛みが生じており、治療も継続されました。

休業損害についても同様に、通院に伴い家事に負担が生じていました。

 

これらの点を強調して相手方保険会社と交渉したことにより、結果として自賠責保険金75万円とあわせて、355万円の示談金を獲得することができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件は、事故の初期の段階からご相談いただいた事案でしたので、治療も初期の段階でした。交通事故において、治療を続けても後遺障害が残ってしまった場合、適切な後遺障害等級の認定を受けるためには、認定実務を理解している医師に通うこと、認定に必要な各種医療検査を受けていることが重要になります。

 

本件については、ご相談の段階ではMRIを撮影されておりませんでしたが、むち打ち症の後遺障害等級認定にあたって、MRI撮影をすることは必須となります。治療の初期の段階で弊所にご相談いただいたことにより、MRI撮影の重要性をアドバイスいたしました。そして、アドバイスしたことを依頼者様に実践していただいたことで、後遺障害等級が適切に認定されたと感じております。

 

交通事故で怪我を負った方は、上記のようなアドバイスを早期に受けることが重要ですので、早めに専門家にご相談されることをおすすめいたします。

 

5 関連コラム

・むちうち(鞭打ち)について

・適切な医証が取得できなかった場合の不利益 ~むち打ちの場合

・交通事故被害で通院中にも関わらず治療費を打ち切られた場合

・交通事故で働けなくなった場合の休業損害の計算方法と請求方法