【解決事例】症状固定前にご相談いただいたことにより、14級が認定され、総額300万円以上を獲得できた事例

 

依頼者 30代 女性 兼業主婦
後遺障害等級 14級9号
負傷部位
傷病名 頸椎捻挫・頸椎椎間板ヘルニア
獲得額合計 300万円

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級9号
入通院慰謝料 約90万円
休業損害 約51万円
逸失利益 約51万円
後遺障害慰謝料 約105万円
治療費等その他 約40万円
損害小計 約337万円
既払い額 約37万円
自賠責保険金 75万円
獲得額合計
(自賠責保険金+解決金)
約300万円

 

 

1 ご相談内容

事故から半年くらいの段階でご相談いただきました。
事故態様は、ご相談者・相談者のお子様2人が車で直進中に、隣の車線の車が相談者側に車線変更してきて、衝突した事故でした。このような事故に関して、お子様2人は1~2回の通院で、治癒となりました。
しかし、ご相談者は治療を半年程度続けていましたが、首の痛みが取れずに、後遺症が残っているので、しっかり後遺障害等級の認定を受けたいということでご相談いただきました。

 

2 サポートの流れ

むち打ち症の後遺障害等級認定は、症状固定時のMRI所見が重要であることから、症状固定の前にMRI撮影をすることをアドバイスいたしました。

症状固定後も、症状が残っている限りは、継続して病院へ通院して、後遺障害が残っていることの証拠を残すことをアドバイスしました。
アドバイスの内容を実践していただき、弊所で後遺障害等級申請をした結果、首の痛みについて14級が認定され、示談交渉を行いました。

 

3 解決内容

示談交渉における争点は休業損害でした。これについて、粘り強く交渉を続けた結果、当初の相手方主張よりも約3倍の休業損害を認めさせることができました。
その結果、自賠責保険金と合わせて総額300万円を超える金額を獲得することができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件は、症状固定直前にご相談にいただいた方でした。症状固定直前であったため、MRI撮影などをアドバイスでき、それによって後遺障害等級を獲得することができたと考えています。
後遺障害等級の認定は、傷害の内容に応じて、適切な認定を受けるための検査や後遺障害診断書の記載があります。交通事故に遭われた方は、症状固定よりも前、出来れば事故に遭った早い段階で、弁護士にご相談することをお勧めいたします

 

5 関連コラム

・むちうち(鞭打ち)について

・後遺障害(後遺症)について

・交通事故で働けなくなった場合の休業損害の計算方法と請求方法

・交通事故被害に遭った時、どのタイミングで弁護士に相談するべきか