【解決事例】早期相談により肩関節の傷害に対し14級が認定され、総額300万円以上獲得できた事例

 

依頼者 30代 男性 会社員
後遺障害等級 14級
負傷部位
傷病名 肩関節唇損傷
獲得額合計 305万円

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 105万円
休業損害 11万円
逸失利益 134万円
後遺障害慰謝料 99万円
治療費等その他 99万円
損害小計 448万円
既払い額 ‐174万円
過失割合控除
‐44万円
自賠責保険金 75万円
獲得額合計
(自賠責保険金+解決金)
305万円

 

 

1 ご相談内容

事故から2週間後という比較的早期に相談いただいた事案です。
依頼者様がバイクで直進中に、対向車線から店舗に入ろうと右折してきた相手方の車と衝突した事故でした。その結果、依頼者様は、むちうち症の他、右肩を強く打つ怪我を負いました。交通事故に遭ったことが初めての経験で、対応が何もわからず不安とのことでご依頼いただいた案件です。

 

2 サポートの流れ

治療中に必要な検査などをアドバイスした上で、治療を続けていただきましたが、半年ほど経過しても首の痛みや右肩の痛みなどが残ってしまったとのことで、後遺障害の等級申請に進むことにしました。

 

後遺障害等級申請では、痛み等の神経症状を裏付けることが重要です。そこで、症状固定直前にも痛みのある部位のMRIを取ることをアドバイスし、実践していただきました。

 

また、症状固定後も通院を続けるとのことでしたので、症状固定後の通院を証明するために診療報酬明細書、調剤報酬明細書を保管していただき、後遺等級申請時に取りまとめて自賠責保険へ提出しました。

 

さらに、弊所がご本人から、後遺障害についての具体的症状や、社会生活・日常生活への影響を聞き取り、文章にしたうえで自賠責保険に提出しました。その結果、右肩について14級が認定されました。等級認定結果に基づいて、相手方保険会社との示談交渉を行いました。

 

3 解決内容

相手方と示談交渉した結果、約230万円の示談金を獲得することができ、自賠責保険金と合わせて300万円以上の金額を獲得することができました。この金額は、後遺障害等級の結果や、具体的な症状からみれば、適切な金額であったと思われます。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件は、肩関節の後遺障害が問題となった案件でした。肩や膝など複雑な関節は、後遺障害等級が認められにくい傾向にあります。

 

しかし、症状固定前の治療や検査に関するアドバイス、症状固定後の通院に関する立証資料の提出、具体的な後遺障害の症状や社会生活・日常生活に対する支障を具体的に記載した書面の提出などにより、適切な後遺障害等級を獲得することができたものであると考えています。

 

本件の依頼者様のように、事故に遭った初期の段階から、弁護士に相談することをお勧めいたします。

 

5 関連コラム

・交通事故問題でお悩みの方へ

・交通事故被害に遭った時、どのタイミングで弁護士に相談するべきか

・交通事故に強い弁護士はどうやって見極めれば良いのか?