【解決事例】早期のご依頼により14級が認定され、遺失利益や後遺障害慰謝料等につき裁判基準の満額を獲得できた事例

 

依頼者 30代 男性 会社員
後遺障害等級 14級
負傷部位 頚部腰部
傷病名 外傷性頸部腰部症候群
獲得額合計 225万円

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 82万円
休業損害 3万円
逸失利益 76万円
後遺障害慰謝料 110万円
治療費等その他 54万円
損害小計 325万円
既払い額 ‐125万円
過失割合控除
‐50万円
自賠責保険金 75万円
獲得額合計
(自賠責保険金+解決金)
225万円

 

 

1 ご相談内容

お知り合いからのご紹介ということで、事故翌日にお問合せくださいました。

まだ病院にも行っていないという状況でしたが、弁護士のスケジュールが偶然空いていたこともあり、事故の翌々日にはご面談においでいただくことができました。

 

面談では、交通事故でむちうちに遭ってしまった場合のアドバイスをしました。ご加入の保険に弁護士費用特約が付いているということでしたので、面談後すぐにご依頼いただくことになりました。

 

2 サポートの流れ

人身事故へ切り替えるにあたっての対応方法や、通院治療を続けていく中での疑問点の解消など、その都度アドバイスやサポートをさせていただきました。

 

たとえば、「接骨院などに通いたいのだがどうしたらいいか」というご質問では、マッサージやカイロプラクティックなどは認められないことや、接骨院・整骨院などであっても病院にしっかり確認したうえで通う必要があることなどを伝えました。

 

定期的に通院・治療状況を伺いながら、疑問点などを解消していきました。事故から半年ほど経った頃、「医師から症状固定の話が出たが、自分はまだ治療を続けたい」とご相談がありました。

医師の診断である以上、相手方損保の支払いを受けながら通院し続けるためには、転院するしかありませんが、この段階での転院はリスクがあることを伝えました。

 

一方、健康保険で通院すると、3割の自己負担は生じますが、通院は続けることができると伝えたうえで今後の方針を打ち合わせた結果、半年で症状固定とし、今後は健康保険で通院を続けることになりました。

 

その後、自賠責保険へ後遺障害の申請を行い、14級が認定されました。

 

3 解決内容

14級を前提とした示談交渉を開始したところ、相手方損保は、通院慰謝料・後遺障害慰謝料・逸失利益についてかなり低い金額を提示してきました。

そのため、こちらも過失割合を含めてしっかり争っていく姿勢を見せました。

 

その後、交渉の最終段階で、お互いにあと10万円ほどの譲歩で示談ができるというところで、相手損保担当者がかたくなな姿勢を見せました。そんな折、担当者が人事異動するとの連絡が入ったため、新しい担当者が着任して交渉の流れが変わるか否か様子をみることにしました。

新しい担当者が着任してからも、あえてこちらからはすぐに連絡を入れず、相手側から連絡が来るまでしばらく静観しました。

 

そして、着任から2か月ほど経過したところで、新担当者から検討状況について問い合わせがありましたので、この時点で、再度お互いあと少しの譲歩で示談できるということを示して交渉したところ、新担当者にはその着地点が妥当なものだと納得してもらうことができたため、無事示談解決となりました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

コロナ禍が直撃していた時期だったので、印鑑証明書の取得など、書類集め1つをとっても大変だった案件でした。また、ご本人も初めての交通事故と、コロナ禍の慌ただしさの中で、ある種のパニック状態のような状況でした。そのような混乱の中で、無事に解決できたことを嬉しく思います。

 

本件は、相手方損保の担当者の異動・交代を利用し、うまい着地点を見つけて解決できた案件だったと思います。弁護士にとっても、着地点の見極めは難しいものですが、一般の方が、ご自身やご家族についての交渉する場面では、より困難なものです。

 

また、自賠責保険への後遺障害の申請なども、ご自身だけでは限界があるでしょう。交通事故に遭ってしまった場合には、本件のご依頼者のように、なるべくお早めに弁護士へご相談されることをおすすめします。

 

 

5 関連コラム

・交通事故の示談交渉中だが提示金額に納得できない場合どうするべきか

・交通事故に遭い、保険会社から治療費の打ち切りを宣告されたとき、どうするべきか

・保険会社から示談書を提示されたら【損害賠償の注意点】

・過失割合・過失相殺とは?