【解決事例】逸失利益が実質0円の提示内容から、弁護士の交渉によって約550万円増額した事例

依頼者 40代 女性 会社員
後遺障害等級 12級13号
負傷部位 頭・・腿
傷病名 腰部打撲・外傷性頭蓋内血腫・外傷性頭位変換性めまい・

頭骨骨折・肩打撲・大腿部打撲

獲得額合計 800万円

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 12級 12級
入通院慰謝料 約53万円 約57万円 約4万円
休業損害 約227万円 約227万円 0
逸失利益 0 約615万円 約615万円
後遺障害慰謝料 224万円 約232万円 約8万円
治療費等その他 約3万円 約12万円 約9万円
損害小計 約507万円 約1143万円 約636万円
既払い額 約-229万円 約-229万円 0
過失割合控除 約-28万円 約-114万円 約-86万円
獲得額合計 約250万円 800万円 約550万円

 

1 ご相談内容

後遺障害等級12級の事前認定結果が出て、相手方損保から賠償額が提示されている状況で面談にいらっしゃいました。

 

提示された賠償額を確認したところ、後遺障害に関して自賠責保険金のみ賠償するという内容でした。これだけでは裁判基準の後遺障害慰謝料にも届かない額で、逸失利益も実質上0円の提示といえるものでした。このため、弁護士が適切に交渉することによって、後遺障害の慰謝料および逸失利益を大きく増額できる可能性が高い案件だと判断しました。

弁護士費用特約 はついていませんでしたが、試算した結果、費用倒れの可能性は低く、弁護士費用を差し引いても増額できる見込みであることなどをご依頼者にお伝えしました。

 

ご依頼者に、当事務所に依頼していただいた場合の今後の方針を説明し、意向を伺いました。その結果、念のために資料を集めて、事前認定結果が出ている後遺障害等級12級が妥当であるかを精査して、不服として異議申立をするか、妥当として示談に進むかを検討し、進めていくことになりました。

 

2 サポートの流れ

ご依頼者は頭部のケガで緊急搬送されたので、最初にカルテと救急搬送時の資料を取り付けました。内容を確認したところ、診断書の記載等から12級を覆すことは難しいことがわかりました。

ご依頼者へ異議申立が通る見込みが薄いことを伝え、協議したところ、示談交渉に進むこととなりました。

 

また、ご依頼者より源泉徴収票を紛失して再発行ができず困っているいうご相談がありました。この場合は課税証明書でも足りるため、当所で課税証明書の取り付けもおこないました。

 

3 解決内容

示談交渉における最大の争点は逸失利益でした。

 

相手方損保は、神経症状で12級が認定されていたことから、労働能力喪失期間を10年であると主張していました。むちうちで12級が認定された場合は、労働能力喪失期間は10年とされることもあります。しかし本件では、頭部外傷後に記憶力に問題が生じていること、脳挫傷痕が残存していること等によって12級が認定されています。

そのため、類似の頭部外傷による12級の裁判例を精査し、労働能力喪失期間が67歳までであると具体的な裁判例を示して指摘しました。その結果、労働能力喪失期間を症状固定時から67歳になるまでとすることができました。

 

また、非典型的な事故類型だったので、当方の過失が多いと判断されてしまう可能性がありました。そこで、物損の示談交渉を先行して進めて、当方に有利な過失割合で示談することにしました。最終的にお怪我についても、物損と同じく当方に有利な過失割合で示談することができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

初回ご面談時の賠償額の提示は、逸失利益がほぼゼロの内容でした。示談交渉でも逸失利益の額が強硬に争われた案件でした。もし、ご依頼者が自ら示談交渉をされていたら、逸失利益はほとんどないまま示談されていたのではないかと思います。

 

しかし、弁護士が交渉することによって、弁護士が介入する前の逸失利益はほぼゼロの提示から600万円以上も増額することができ、獲得額も約550万円の増額、総額800万円となりました

過去の裁判例を調査し、根拠を示しながら一貫した主張を続けたことで適切な逸失利益を獲得することができた案件であるといえます。

 

全体的にみれば、結果を出すことができた好例とも言うべき案件だと自負していますが、一方でもっと早くご相談いただいていれば…という悔しさもあります。

 

ご依頼者は頭部外傷のためか、難聴のような症状があると仰っていましたが、難聴については診断書上の記載がほとんどなく、後遺障害の認定でも言及されていませんでした。

もし事故直後からご相談いただいていれば、頭部外傷や難聴の場合に必要な検査や、診断書の記載内容についてのアドバイスなど、十全にサポートすることができ、より高い等級が認定されたのではないかということが心残りです。

 

シーライト藤沢法律事務所では、交通事故被害者の方であれば、弁護士費用特約の有無によらず、初回のご面談は無料です。交通事故に遭われた方が、早めに弁護士にご相談くださることを願っています。

 

5 関連コラム

・後遺障害逸失利益とは

・交通事故被害に遭った時、どのタイミングで弁護士に相談するべきか

・交通事故の示談は保険会社ではなく弁護士に任せなければならない理由

・保険会社から示談書を提示されたら【損害賠償の注意点】

・交通事故被害で弁護士に相談する時の費用の相場は?