【解決事例】30代男性の腰痛について14級が認定され、総額250万円以上を獲得することができた事案

 

依頼者 30代 男性 会社員
後遺障害等級 14級9号
負傷部位
傷病名 腰椎捻挫
獲得額合計 約326万円

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級9号
入通院慰謝料 108万円
休業損害 なし
逸失利益 約115万円
後遺障害慰謝料 約105万円
治療費等その他 88万円
損害小計 約416万円
既払い額 -157万円
過失割合控除 -83万円
自賠責保険金 75万円
獲得額合計 約251万円

 

1 ご相談内容

ご相談者は、バイクで直進していたところ、併走していた車両が交差点で左折して巻き込まれ、事故に遭われました。膝、肘、腰を負傷し、事故から1ヶ月後ほどで弊所へ面談にいらっしゃいました。ご相談の段階では、腰に痛みが残っている状態で、治療しても後遺障害が残る可能性があり、不安があるということで早めに相談にいらっしゃいました。面談後、ご依頼いただくことになりました。

 

2 サポートの流れ

まず、腰に後遺障害が残ってしまった場合に備えて

 

① 早めにMRIを撮影すること

② 整形外科をメインで通院する方が良いこと。

 

等のアドバイスしました。事故から約1年間、通院治療を続けていただきましたが、腰に痛みが残ってしまいました。弊所で後遺障害の等級申請を行った結果、14級が認定され、その等級に基づいて示談交渉を行いました。

 

3 解決内容

争点は、過失割合と慰謝料でした。

 

過失割合について、相手方は7:3を主張してきましたが、こちらで検討した過失割合は8:2が妥当であったため、粘り強く主張し交渉を続けたところ、最終的に8:2を認めさせることができました。

また慰謝料についても、裁判基準の90%以上を認めさせることができました。

 

その結果、人損と物損を合わせて200万円での示談で解決することができました。自賠責保険金と合わせると275万円となり、ご依頼者にも満足していただくことができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

事故後早めにご相談いただいたことで、早めに後遺障害が残ってしまったときの対策をアドバイスすることができました。そのことが結果として後遺障害等級の獲得に繋がった案件だと思われます。

 

また、過失割合についても相手方と争いがあった案件ですが、通称「緑本」(注:『別冊判例タイムズ38号』という様々な交通事故の類型毎に過失割合をまとめた本のこと。表紙が緑色であることから「緑本」と呼ばれる)どおりの過失割合を認めさせることができ、裁判基準に照らしても適切な賠償額であったと考えられます。

 

5 関連コラム

・交通事故問題でお悩みの方へ

・交通事故被害に遭った時、どのタイミングで弁護士に相談するべきか