【解決事例】相手方の過失割合の主張を覆して総額330万円以上を獲得することができた事例

 

依頼者 40代 男性 会社員
後遺障害等級 併合14級9号
負傷部位 頚部・上肢・・下肢
傷病名 頚部痛、上肢の痺れ、腰痛、下肢痛

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 約120万円
休業損害 約33万円
逸失利益 約109万円
後遺障害慰謝料 110万円
治療費等その他 約139万円
損害小計 約511万円
既払い額 約-127万円
自賠責保険金 75万円
過失割合控除 約-51万円
獲得額合計 約333万円

 

1 ご相談内容

お付き合いのある接骨院様からのご紹介で相談にいらっしゃいました。
バイクで直進中に併走している車が急に進路変更してきたため、接触、転倒し、首や腰などを負傷した事故でした。ご相談の段階で事故から5ヶ月以上経過しており、相手方損保から治療の打ち切りを迫られている状況でした。

 

2 サポートの流れ

通勤中の事故だったので、労災保険の療養補償給付に切り替え、労災保険から治療費を支払ってもらうようアドバイスしました。それにより事故から1年程度治療を続けることができましたが、首や腰に痛みが残ってしまったため、弊所で後遺障害等級の申請を行いました。その結果14級が認定されたので、等級に基づき相手方と示談交渉を行いました。

 

3 解決内容

争点は過失割合慰謝料でした。過失割合について、相手方損保は8:2を主張しました。

しかし、

 

① 相手方が進路変更の合図(ウィンカー)を出していなかった点

② 急な進路変更であった点

 

等を指摘することにより、9:1の過失割合を認めさせることができました。

慰謝料は、交渉により裁判基準の95%以上を認めさせることができました。
その結果、250万円以上の示談金を獲得し、自賠責保険金75万円を合わせると総額330万円以上を獲得することができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件のご依頼者は、相手方損保の治療費打ち切り間近でご相談にいらっしゃいました。被害者の方によっては、相手方損保の言いなりで治療の打ち切りに応じてしまう方もいらっしゃいます。しかし本件のように、治療を続けることが妥当で、労災保険など別の保険での対応が可能な場合、保険を利用することをアドバイスできた点が最終的な後遺障害等級の獲得や、ご自身が納得できる治療に繋がったと思っております。

 

相手方損保から治療の打ち切りを打診されることは、どの方の案件でも必ず訪れる出来事なので、前もって備えておくことが肝要です。「今は何も言われていないからいいや」「とりあえず相手方損保の言うとおりにしておこう」ではなく、「相手方損保に何も言われていない今のうちに」「念のため弁護士に相談しておこう」と発想の転換をしていただき、事故が起きた早い段階から交通事故に詳しい弁護士へご相談をされることをお勧めします。

 

5 関連コラム

・交通事故に遭い、保険会社から治療費の打ち切りを宣告されたとき、どうするべきか

交通事故被害に遭った時、どのタイミングで弁護士に相談するべきか

・各種保険の利用について