【解決事例】右母指側副靭帯損傷で12級13号を認定された主婦につき、事前提示から約3倍の示談金を獲得できた事例

 

依頼者 50代 専業主婦
後遺障害等級 12級13号
負傷部位 右親指
傷病名 右母指側副靭帯損傷

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 12級13号
入通院慰謝料 126万円
休業損害 86万円
逸失利益 276万円
後遺障害慰謝料 261万円
過失割合による減額 0
その他交通費等 22万円
既払い額(自賠責保険) -21万円
獲得額合計 270万円 750万円 480万円

 

 

1 ご相談内容

ある商業施設で行った出張相談会でのご相談です。

事故はご夫婦2人で車に乗っている時に、対向車線の相手方がセンターオーバーをして、正面から衝突してきたということでした。
その衝撃により、旦那様は頸椎捻挫などのお怪我をされ、奥様は、右母指側副帯靭帯損傷のお怪我をされました。奥様は事前認定で後遺障害等級の12級13号を認定されており、それに基づいて相手方の保険会社が提示をした金額が270万円でした。その内容に不満をもたれ、ご相談にいらっしゃいました。

 

2 サポートの流れ

ご相談の際に、簡易な試算をしたところ、600万円以上は獲得ができるという結果になりました。更に弁護士費用特約もついていたので、弊所で示談交渉を行うということで、ご依頼をいただきました。相手方の保険会社より資料を取り寄せて、損害計算を行い、示談交渉を進めました。

 

3 解決内容

相手方はこちら側に対し、最初450万円を提示しましたが、裁判基準に基づいて請求し交渉したところ、最終的に750万円での解決となりました。これは、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益において、裁判基準の90%以上でした。これは訴訟のリスクや手間や時間などを考えると妥当な解決だったと言えます。
また、休業損害については当初提示と比べて約5倍、後遺障害逸失利益については当初提示と比べて2倍以上に増額したという点も大きなポイントでした。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

後遺障害等級が認定され、示談交渉からのご依頼でしたが、当初の270万円での提示から3倍近くに伸ばすことができた事案です。損害賠償の示談交渉については、弁護士に依頼することで賠償金を伸ばすことができた好例だと思います。
弊所では、事故直後からのご相談も承っておりますので、早めに弁護士にご相談する事をお勧めいたします。

 

5 関連コラム

交通事故被害に遭った時、どのタイミングで弁護士に相談するべきか

交通事故の示談交渉中だが提示金額に納得できない場合どうするべきか

交通事故の示談は保険会社ではなく弁護士に任せなければならない理由