【解決事例】相手方主張を覆して、休業損害・慰謝料につき2倍以上の増額をすることができたむち打ち症14級主婦の事案

 

依頼者 50代 女性 兼業主婦
後遺障害内容 14級9号
負傷部位 頚部
傷病名 頚椎捻挫後の頚部痛

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
治療費・交通費等 約100万円
入通院慰謝料 約143万円
休業損害 約89万円
逸失利益 約81万円
後遺障害慰謝料 110万円
既払い額(自賠責保険) -75万円
既払い額(治療費等) 約138万円
獲得額合計 310万円

 

1 ご相談内容

弊所がお付き合いさせていただいている整形外科さんのご紹介でお問い合わせがありました。ご相談内容は、相手方損保から治療費の支払いが打ち切られてしまい、今後、後遺障害の申請に進みたいがどうすればいいかということでした。
後遺障害が残存している状況でしたので、当所が自賠責保険へ被害者請求するところからの受任となりました。

 

2 サポートの流れ

後遺障害等級申請にあたって、痛みなどの後遺障害が残っている状態で通院を継続されていたので、症状固定後も通院しているという証拠を残すために、領収書や診療明細書を保管しておくようにアドバイスしました。
そして、自賠責保険へ被害者請求の際にも前述の資料を提出し、症状固定後も通院する程の後遺障害であることを立証していった結果、14級が認められました。この結果に基づき相手方損保との示談交渉に臨みました。

 

3 解決内容

示談交渉の主な争点は2点ありました。

 

争点①: 通院慰謝料として、赤本別表Ⅰ/Ⅱのどちらを使うのか

争点②: 休業損害の金額

 

①について、相手方損保は、むちうち症などに使われる別表Ⅱによる慰謝料の算定を主張しました。しかし、ご依頼者様は肋骨を骨折していて、それが診断書等にも明確に記載されていることなどを主張し、赤本別表Ⅰによる慰謝料算定を認めさせました。赤本別表ⅠとⅡでは、30万円以上の差があり、これを相手方に認めさせることができたのは、全体の金額に大きく影響しました。

 

②について、お子さんと同居していることを書面に記載することで、家事に従事していることを立証したことと、類似の裁判例で認められている休業損害の額を主張することにより、その裁判例に近い金額で休業損害を認めさせることができました。
結果的に、争点①②共に相手方の主張よりも2倍以上の増額を認めさせることができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

後遺障害の等級申請は、相手方損保に申請してもらう事前認定と被害者側自ら申請する被害者請求があります。

 

事前認定は、相手方損保が定型的な書式しか提出してくれないことが多く、きちんとした後遺障害等級を認めて貰えないケースがあります。しかし本件では、後遺障害申請の段階から当所に依頼していただいたことで適切な後遺障害を立証する資料を提出することができました。それにより、適切な後遺障害等級が認められたものと思います。

 

最終的な獲得金額も、自賠責保険金と合わせて400万円弱になったことは、示談であっても訴訟した場合に匹敵する金額を獲得することができた好例といえます。