【解決事例】頚部痛などで14級を獲得し、250万円で示談できた30代主婦の事例

 

依頼者 30代 女性 専業主婦
後遺障害内容 併合14級
負傷部位 頚部・項部・腰椎・腰背部
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫

 

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 約84万円
休業損害 約59万円
逸失利益 約83万円
後遺障害慰謝料 約99万円
既払い額(自賠責保険) -約75万円
獲得額合計 250万円

 

1 ご相談内容

弊所にお問い合わせいただいたのは、事故から2ヶ月くらい経った頃でした。

ご夫婦で追突事故に遭われたということで、ご夫婦ともに頚椎捻挫と腰椎捻挫、いわゆるむちうちの治療のため通院中でした。通院治療の頻度は、ご主人は週0.5~1回程度で、奥様は週1~2回程度されているということで、しっかりと治療をしておられました。治療の甲斐もあり、ご主人は症状が快方に向かっていて、このまま治療を続ければ治癒しそうだということでした。一方、奥様は事故から2ヶ月くらい経っても症状が良くならず、今後も後遺障害として症状が残ってしまう心配がありました。

ご相談の内容は、後遺障害が残ってしまった場合に備え、後遺障害が残った場合でも補償を得られるように準備しておきたいということでした。
ご相談の後、すぐにご依頼いただき受任することとなりました。

 

2 サポートの流れ

後遺障害が残った場合でも補償を得たいということでしたので、まずはむち打ち症で後遺障害等級を取るための絶対条件ともいえるMRIの撮影を早めにしておくことをアドバイスしました。アドバイス通りMRIを撮っていただき、引き続き治療を行っていただきましたが、事故から6ヶ月ほど経っても首や腰の痛みなどがとれず症状固定となりました。そこで後遺障害等級の申請をしたところ、首と腰についてそれぞれ14級となり、併合14級が認定されました。この等級に基づいて、示談交渉をおこないました。

 

3 解決内容

大きく争いがあったのは、主婦の休業損害の部分です。

主婦の休業損害については、金額にして約60万円弱、平均休業割合は治療期間の3割を認めさせることができました。3割というのは訴訟で認定されるレベルの平均休業割合なので、かなり良い数字だといえます。

入通院慰謝料と後遺障害慰謝料も、裁判基準の約90%を認めさせることができました。示談交渉においては、十分妥当な数字に着地できたといえます。
全体で250万円の示談金、自賠責保険金75万円と325万円を獲得することができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

初回の相談は、事故から約2ヶ月程度と比較的早めのご相談でした。これが功を奏して後遺障害等級を獲得できた一因になったとも考えられます。初回相談の段階ではまだMRIを撮っていなかったのですが、むちうち症で後遺障害等級を獲得したい場合、MRIの撮影は必須となります。このことを初回の相談でお伝えし、ご依頼者様に実践していただけたので、後遺障害等級が獲得できたと感じております。MRI撮影の重要性と早い段階でご相談に来ていただくことの重要性を改めて認識した事案でした。