【解決事例】事故直後からのサポートで,後遺障害併合14級が認定され,兼業主婦の休業損害が認められた事案

依頼者 50代会社員 女性
後遺障害内容 併合14級
負傷部位 首,腰
傷病名 頚椎捻挫,腰部挫傷

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 約94万円
休業損害 約82万円
逸失利益 約83万円
後遺障害慰謝料 約104万円
治療費・交通費・その他 約90万円
既払い額 -約200万円
(うち自賠責保険金75万円)
獲得額合計(自賠責保険金+解決金) 約328万円

 

1 ご相談内容

インターネットで調べて,当所をお知りになり,ご連絡くださいました。
事故直後だったため,まだ特に大きな問題などは生じていない段階でしたが,今後何か問題が起きたときのために,保険的に弁護士に依頼しておきたい,とのことでご連絡くださいました。周囲に交通事故に遭われた方がいて,苦労していらっしゃるのを間近で見ていた経験から,今後のために早く弁護士を探しておこう,とお考えになったそうです。
ご面談では,①弁護士に依頼するタイミングはいつが良いか,②弁護士に依頼するメリットを知りたい,③依頼した後に気軽に相談することはできるのか,といったご質問がありました。①については,大抵の場合,早ければ早いほどアドバイスできることが増えるので良いとお伝えしました。②については,独力で相手方と交渉した場合足下を見られる可能性がありますが,弁護士が介入することで適切な示談額を得られることや,損保会社とのやりとりを弁護士に任せることで治療に専念できる,などのメリットをお伝えしました。③については,既存のクライアントとこまめに連絡を取り合っていること等をお伝えしました。また,転院を検討していらしたので,転院の流れなどを情報提供いたしました。

2 サポートの流れ

治療の状況を定期的に確認しながら,サポートを続けていきました。たとえば,あれはご依頼いただいてからすぐの頃でしたが,通院先の医師から,治療には半年はかかる見込みだ,と言われたのだけれど,そんなに時間がかかるものなのですか?とご質問をいただきました。交通事故も,むちうちも,初めての経験でいらっしゃったようで,漠然とすぐ治ると思っていらしたようです。風邪のようにすぐには治らないこと,半年くらいはかかることが多いことなどをご説明したところ,安心していただくことができました。
休業損害が事故から3ヶ月程度で早めに打ち切られてしまい,治療費も打ち切られそうになってしまいましたので,打ち切りを回避するサポートをおこなったおかげで治療を延長することができました。結局,7ヶ月間ほど治療を続けましたが,残念ながら痛みが残存してしまいましたので,必要書類の収集を行い,自賠責保険へ後遺障害を申請いたしました。その結果,後遺障害に見合った14級という等級を獲得することができました。

 

3 解決内容

ご本人様が兼業主婦の方でしたから,主婦の休業損害を主張したところ,相手方損保は働いているのだから,有給や欠勤,減給の休業損害しか認めない,と主張していました。主婦の休業損害が生じていたことの根拠となる資料を作成して,しっかりと相手方損保に主張したところ,主婦の休業損害を認めさせることができました。相手方損保は当初36万円を主張していたところ,最終的には2倍以上である81万円を獲得できました。
また,粘り強い交渉の結果,慰謝料も裁判基準の95%で示談することができました。

 

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件のご依頼者はかなり症状の強い方で,週3回以上通院していました。また,本件は事故後10日程度でご面談となり,事故後2週間程度でご依頼いただきました。早い段階からご依頼いただけたため,治療中からサポートに入ることができました。残念ながら後遺障害は残存してしまいましたが,相手方損保への対応などに気を取られることなく治療に専念し,十分に治療を受けられた,というのが,等級獲得に影響したのではと考えています。
また,丁寧に根拠を示して交渉を続けたため,裁判基準に近い金額で休業損害と慰謝料を獲得できました。
全くの余談になりますが,ご依頼者様はお仕事中にお客様とお怪我の話などをする機会があるそうなのですが,同じように事故に遭われた方へ当所のことを話してくださったそうで,「先生のことを話しておきましたよ」などと気さくにお話しくださったことが印象に残っています。他の方に紹介してくださる,ということはプロとして期待をしてくださっている,ということですから,身の引き締まる思いで担当して参りました。私どもへの期待を裏切らないような結果を出せたことを嬉しく思っています。