12級と14級の違い

むちうち(頸椎捻挫、外傷性頸部症候群)や腰部捻挫(腰椎捻挫、腰部挫傷)に対して、自賠責保険から後遺障害として等級認定をされる場合、14級9号または12級13号が認定されます。

 

自賠法施行令の規定では、14級9号は、「局部に神経症状を残すもの」、12級13号は、「局部に頑固な神経症状を残すもの」とだけあります。一見すると、痛みがあれば14級9号が認定され、それが頑固なものであれば12級13号が認定されるように読めます。

 

しかし、自賠責保険における現実の運用は自賠法施行令の文面どおりではなく、かなり厳しい基準のもと、後遺障害等級の認定の可否が判断されております。

 

14級9号と12級13号では、自賠責保険から支払われる金額だけでも約3倍も開きがあり、裁判基準の損害賠償額になればその開きはさらに大きくなります。交通事故によってむち打ちなどの症状が発生してしまった方としては、12級と14級の違いについて十分に理解をしておくことが必要です。

 

12級と14級の賠償額の違い

等級 自賠責保険の支払額(後遺障害部分) 裁判基準の後遺障害慰謝料部分 裁判基準の後遺障害逸失利益部分
12級13号 224万円 290万円 基礎収入×0.14×7.7217
14級9号 75万円 110万円 基礎収入×0.05×4.3295

12級と14級の賠償額の違い

では、同じ病名であるにもかかわらず、どのような違いによって14級9号と12級13号が区別されているのでしょうか。本項ではその判断基準を説明したいと思います。

 

認定基準について

自賠責保険の運用における、14級9号と12級13号の認定基準は以下のとおりと考えられております。

 

14級9号

症状が、神経学的検査所見及び画像所見からは医学的に証明できるレベルには達していないものの、受傷時の状態や治療の経過をみれば、連続、一貫しており、症状の存在が医学的に推定されること

 

12級13号

症状が、神経学的検査所見及び画像所見などの他覚的所見と合致することが医学的に証明できること

 

自賠法施行令の規定よりはかなり具体的な基準ではありますが、これだけでは、どの程度の所見があればどの程度の医学的証明が可能なのかということが今一つはっきりしないところです。

 

認定の違いを踏まえたポイント

経験を踏まえてさらに述べますと、12級13号が認定されるためには、単に何らかの医学的所見がとれていればよいわけではありません。自覚症状と神経学的に合致する客観性の高い他覚的所見が多数認められないと、医学的証明が可能なレベルには達しません。特に重要なのは、MRI画像所見です。MRI画像において、頸椎ないし腰椎の明確なヘルニアが認められ、その旨診断書に記載されていることが、12級13号が認定されるための出発点となります。ヘルニアと言っても程度はさまざまであり、単に膨隆がある程度では足りず、突出しているというレベルで神経根や脊髄が圧迫されていることが重要です。

 

問題となるのは、頸椎ないし腰椎の明確なヘルニアがある方であっても、MRIの性能によっては、医学的所見がとられにくい場合があるということです。こういった事態を防ぐには、的確な専門医にかかるか、日ごろから通院先医師との円滑なコミュニケーションをとれるようにしておき、性能の良いMRI検査が受けられる受診先をご紹介いただけるようにしておくことが大事です。

 

また、他覚的所見をとるための検査は多数ありますが、ごまかしがきいてしまう検査について所見が取れても、自賠責保険はあまりその部分を見ません。ジャクソンテストやスパーリングテスト、深部腱反射など、自賠責保険が重視している検査において所見が取れることが重要です。ただし、これらの検査所見が重要であるということは、医師には興味のない分野である自賠責保険の後遺障害等級認定の実務に関する知識であるため、そもそも検査がされない、検査はされたが診断書にきちんと記載されないなどといった場合もあります。

 

さらに、頚椎はC1からC7まで、腰椎はL1からL5まであるのですが、画像上認められたヘルニアがこれらのうちのどの部位とどの部位との間に存在するヘルニアかによって、影響を及ぼす部位が異なってきます。上記で受けて認められた神経学的検査所見が、画像所見と神経学的に合致するものか否かも確認しなければなりません。

 

なお、胸郭出口症候群や、バレ・リュー症候群については、医学的には時間の経過とともに将来的に治るか、適切な時期に適切な治療を受けることで寛解すると考えられており、主な症状がこの2つの場合、後遺障害等級が認定されにくくなりますので、注意が必要です。特に、バレ・リュー症候群は殆どのケースで後遺障害等級が認定されません。胸郭出口症候群やバレ・リュー症候群と診断された場合は,合併する他の症状についても適切な治療を受け,しっかりと所見を取ってもらうことが重要です。

 

以上のように、注意すべきポイントは多岐に渡ります。自賠責保険における後遺障害等級認定に必要な検査の検査漏れや後遺障害診断書への記載漏れなどを防ぐには、自賠責保険実務や医学に関する知識と経験を有する弁護士の関与が必要といえます。

 

むち打ちの場合以外の14級9号と12級13号

むち打ち以外の疼痛についても、14級9号や12級13号が認定されることはあります。局部の神経症状であれば、腕、手、足など、様々な部位における疼痛について認定されるのが、14級9号と12級13号です。なお、首や腰以外の他部位の場合いのいても、認定基準は上記むち打ちの場合と同様です。

 

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら