椎骨脳底動脈循環不全(VBI)について

交通事故の被害に遭い,めまい等の症状が発生するようになったので,病院でCTやMRI検査を受けたものの,異常なし、原因不明、自律神経失調、心因的と診断され,治療を受けても治療効果を得られない場合があります。

このような場合、椎骨脳底動脈系の循環障害である椎骨脳底動脈循環不全の可能性も考えられます。

椎骨脳底動脈とは,脳や平衡感覚に関係する部位への血液提供する血管です。首の左右を走行する血管を椎骨動脈といい、これが脳の下部で1本になり、脳底動脈となります。この2つの血管を総称して椎骨脳底動脈といい,後頭部に血液を運んでおります。椎骨脳底動脈循環不全とは,後頭部に十分な血液が供給されない病気の総称です。

交通事故により頸椎を負傷したため頚椎の骨折・脱臼、形態異常の悪化、骨棘・ヘルニアによる圧迫の増悪などにより椎骨動脈が圧迫されて血流障害がおきると、椎骨脳底動脈は,意識や協調運動、視覚など日常生活の基本的機能の多くに関係する部位へ血液を運ぶ血管ですから,脳に十分な血液がいかなくなった結果,回転性のめまいが起こります。また,ふらふらとしためまいや、目の前が暗くなるめまいが起こることもあります。めまいのほか,頭痛,吐き気,悪心,眼のかすみ,耳鳴り,難聴,平衡機能感覚異常,上肢の痺れ,顔面部の痺れなどの症状が表れる場合もあります。これらの症状は数分間程度でおさまることもあれば、常時症状が出るようになってしまうという可能性もあります。症状の継続する時間は,血流遮断の程度や血流回復に要する時間によって左右されます。

椎骨脳底動脈循環不全の場合,特に首の過伸展時、及び回転時に症状の増悪が見られるようですが,安静状態でも起こりえます。

椎骨脳底動脈循環不全の病態や自覚症状はバレリュー症候群とほぼ同一のため,椎骨脳底動脈循環不全を疑っての検査を受けなければ判別は困難であり,見落とされやすいです。

 

>バレリュー症候群についてはこちら

 

椎骨脳底動脈循環不全に関する専門の診療科は,整形外科ではなく,神経内科や脳神経外科、耳鼻咽喉科です。これらの診療科を受診していなければすべて受診し,場合によってはセカンドオピニオンをとりましょう。

 

検査としては,XP,CT,MRIなどによる画像検査、自律神経系に対する問診・血圧テスト,基本聴力検査,平衡機能検査、頭位・頭位変換、眼振検査や、この病態の血管系に問題があると障害を受けやすい脳幹・小脳の状態を把握するETTという特殊な検査があります。

これらのほか,MRA検査 (MRIを用いて血管を撮影する検査)も重要です。

血管造影検査も検討されることがありますが,侵襲性が高いので注意が必要です。

治療としては,血流改善薬、鎮痛消炎薬,脳循環代謝改善薬や抗めまい薬などを用いた保存的療法が中心となります。

ただ,頸椎に異常があり,保存的療法での治療によって治療効果が得られない場合は手術による外科的療法が選択されることもあります。具体的には,バイパス移植術,血管形成術,椎骨脳底動脈の再建術などです。

 

若い方であれば後遺症を残すことなく回復する可能性も十分あるところですが,椎骨脳底動脈循環不全が後遺症として残ってしまうケースも考えられるところです。この場合における後遺障害等級としては,失調、眩暈及び平衡機能障害に該当する可能性があり,症状の程度によって3級,5級,7級,9級,12級,14級が認定されうるところですが,椎骨脳底動脈循環不全のみでこれらの後遺障害等級が認定されるケースはまれです。

 

交通事故後のめまいでお悩みの方は椎骨脳底動脈循環不全の可能性も捨てきれません。受診する病院や今後の生活に不安を感じておられる被害者の方におかれましては,まずはご相談ください。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら