通院指導

交通事故被害者の方と二人三脚になって通院計画を考えていく方針をとっております。

交通事故の被害に遭われた場合、お怪我の症状にあった通院をしていただく必要があります。適切な通院治療を受けないと、お怪我の治る可能性が低くなってしまう上に、不幸にも後遺症が残ってしまった場合であっても、自賠責保険における後遺障害等級が認定されないという不幸が重なってしまう可能性が高まります。

当事務所では、そのような不幸が重ならないようにするため、被害者の方ごとの傷病や生活状況、お仕事のご都合等も踏まえてご相談に乗り、適切な時期に適切な検査・治療を受けるための通院計画を一緒に考えます
また、生活状況やお仕事の状況の変化により当初の通院計画にのっとったご通院が困難となった場合や、通院先の整形外科の先生や接骨・整体院等の先生とのコミュニケーションが困難となった場合は、具体的な状況についてのご相談に乗りながら、他院への転院も含めた通院計画の練り直しを一緒に考えます。
交通事故被害に遭われた方にとって適切な治療を受けることは、お身体のためにも適正な補償を受ける上でも非常に大事です。そのため、当事務所では、被害者の方のご事情を十分伺いながら、二人三脚になって通院計画を考えていく方針をとっております。

 

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら