医療的ケアの充実へ

少しでも身体の健康を取り戻すために

交通事故に遭い負傷された被害者皆様共通の想いは,「何とか身体の健康を取り戻したい」ということに尽き,賠償金の獲得は二の次,特に,不幸にも後遺障害が残ってしまったという場合の賠償金の獲得・増額に至っては,いわば敗戦処理ということであろうと思います。

弁護士・法律事務所によるサポートの多くは,その立場・性質上,少しでも多くの賠償金を獲得するということが主眼になりがちです。
しかし,これまで多くの交通事故被害事案を扱ってきた経験上,ほとんどの被害者の方はより多くの賠償金の獲得に興味はあっても,それはあくまで今後の治療費に充てたいからという意味での興味です。むしろ,多くの方は,少しでも身体の健康を取り戻すために有用な情報が欲しいというお気持ちが圧倒的に勝っておられます。弊所は,被害者の方の真意が,とにかく身体を治したいことにある,ということを理解しております。

このような被害者の方々の想いを受け,弊所は,より多くの賠償金の獲得という弁護士・法律事務所としての本来的役割を超え,被害者の方のお身体が少しでも良くなるように,医療的ケアの充実を目指して活動しております。

 

医療的ケアの充実を目指した対応

その一環として,ご依頼いただいた方に対し,例えば以下のような対応をとっております。

① 負傷による症状が発生している部位,具体的な症状(内容,性質)をお伺いし,より治療的効果が得られる可能性のある病院,医師や診療科に心当たりがあれば,積極的にご提案しております。
② 接骨院や整骨院に通院することで身体が楽になって治療効果が上がっていると感じておられる方に対しましては,接骨院や整骨院における施術に理解のある病院や医師に関する情報提供をしております。

 

上記①につきましては,例えば以下のような対応です。

例1)骨折後の痛みがなかなかひかないとか,むち打ち症とはいわれているがめまいや吐き気,耳鳴りなど複合的な症状で苦しい思いをしておられるとか,これら被害者の方の場合,麻酔科ペインクリニックにおける治療が必要な場合もあります。
しかし,通院先の整形外科医の方は麻酔科分野にあまり精通していない場合があり,麻酔科分野治療について積極的に他院や他科を紹介してもらえない場合が多々あります。
このような場合,症状をお伺いし,必要に応じ,ペインクリニックや麻酔科での治療を受けてはどうかというご提案をし,心当たりの病院,腕の良い医師の情報提供をしております。

例2)足関節,膝,肩,腕関節などを骨折ないし負傷され,痛みがなかなかひかず苦しい思いをされている被害者の方の場合,より専門性の高い医師を探しておられることが多々あろうかと思います。また,手術適応があっても手術に踏み切れないというご心情もあろうかと思います。そのような場合,その分野での専門性が高い医師手術や再生医療での専門性の高い医師などについても,弊所の有している情報については積極的に提供しており,場合によってはご紹介もしております。

例3)むち打ちだとされている交通事故被害者の方の中には,脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)が疑われるケースがまれに存在します。現在の裁判実務の傾向では,脳脊髄液減少症の治療費を満額回収することは非常に困難であり,治療費の最終負担がご自身のご負担となってしまう可能性が高いと言わざるを得ません。しかし,少しでも身体が良くなる可能性があることはすべて試したいというご心境の方も多かろうと思われます。症状をお伺いし,まずは医師からの説明や検査だけでも受けてみたいという被害者の方には,心当たりのある専門性の高い医師に関する情報提供などを行っております。

 

上記②につきましては,例えば以下のような対応です。

ご相談をお受けしている中で,接骨院や整骨院での治療で身体が楽になってきたと実感しておられる被害者の方も多くおられます。また,お仕事等の都合上,整形外科の営業時間に間に合わない日は,接骨院や整骨院に頼りたいという方々も多いです。そういった方々としては,接骨院や整骨院で施術を受け,施術費はきちんと相手損保に支払ってもらいたいと思っておられることでしょう。

しかし,接骨院や整骨院のみで治療を受けている場合,以下のような不都合があります。
第一に,相手損保からの施術費の支払いはごく短期間で打ち切られてしまう傾向にあります。その後,自費で接骨院や整骨院に通院しても,この費用を後日回収することは極めて困難です。

第二に,万が一後遺障害が残ってしまった場合,接骨院や整骨院では後遺障害診断書が作成できないため,補償を受ける上で極めて不利な状況に陥ります。
そのため,接骨院や整骨院での施術を安心して受け続けるためには,整形外科医の協力が不可欠と言わざるを得ません。

ところが,接骨院や整骨院での治療については否定的な整形外科医が多くいらっしゃいます。中には,接骨院や整骨院に通わないという誓約書を提出させる病院も存在します。医師から接骨院や整骨院での施術を否定されてしまうと,その後の施術費を自己負担せざるをえなかったり,最悪の場合はこれまで相手損保から支払われた施術費について慰謝料での清算を求められたりといった事態になり,接骨院や整骨院で安心して施術を受けることができません。
このような現状を踏まえ,弊所では,接骨院や整骨院における施術について理解のある医師の情報を収集しており,事案に応じて情報提供を行っており,場合によってはご紹介もしております。

以上のように,弊所では,交通事故被害者の方のお身体が少しでも快復へ向かうよう心掛けて対応しており,今後も,さらに充実した医療的ケアを提供できるよう活動しております。
交通事故の被害に遭われ,少しでも身体を治したいとお悩みの方におかれましては,ぜひ一度弊所へご相談ください。弊所の有する情報が少しでもお役に立てば幸いです。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら