弁護士紹介

 

代表弁護士 阿部 貴之

これまで平和に生活してこられたにもかかわらず不幸にも交通事故の被害に遭われた方々、その被害者の方のご家族は、突然生活が一変し、大変なご苦労をされていることと思います。これまでご相談いただいた方々には、重篤な傷害を負われた方や、一家の支えになっていた方を突然失ってしまったご家族も大勢いらっしゃいました。
突然の交通事故による被害は、肉体的ダメージもさることながら、それに伴う平和な生活の喪失や社会的立場の喪失により、精神的、経済的なダメージも大変なものであると思います。 そのような方々の助けになるべく、当事務所では、交通事故における被害者の方の損害賠償問題に積極的に取り組み、藤沢市、ひいては神奈川県全体における交通事故の損害賠償問題について、適正な解決を目指して活動しております。

 

経歴

昭和55年12月16日生まれ
平成11年   3月 私立立教高等学校 卒業
平成15年   3月 私立立教大学法学部法学科 卒業
平成17年   4月 司法研修所 入所(59期)
平成18年 10月 弁護士登録
平成18年 10月 東京都内総合法律事務所 入所
平成23年   4月 東京都庁 入都 労働委員会事務局(法務担当課長)
平成25年   1月 東京都内法律事務所 入所
平成27年 1月 シーライト藤沢法律事務所 開設

 

会務など

【損害賠償法分野】
日本交通法学会 正会員
日本賠償科学会 正会員

【労働法分野】
日本労働法学会 正会員
日本組織内弁護士協会(JILA)正会員

神奈川県弁護士会所属

著書(共著)

『-役員責任追及訴訟に学ぶ現場対応策- 業界別・場面別 役員が知っておきたい法的責任』 2014年2月20日刊 経済法令研究会

『自治体と弁護士の連携術』 2012年9月20日刊 ぎょうせい

 

趣味

スキー(SAJ2級)、テニス、読書

 

仕事でのやりがいを感じるとき

大企業の法務部の方でもない限り,中小企業の方や一般の方が弁護士へ相談するということはごく少ない機会であり,場合によっては一生に一度の機会です。本当に困り果てた状態で不安でいっぱいという心境の方を励まし支え,真にお力になれたと感じたとき,とてもやりがいを感じます。例えば,このホームページではお客様のインタビューを掲載させていただいております。お仕事で忙しい中,貴重な休日を割いてまでインタビューのために自宅から出てきていただきました。その上,さらに感謝のお言葉をいただくことができ,本当に感激しました。まさに,弁護士冥利に尽きる瞬間です。
また,弁護士の仕事は日々色々な調査(文献・記録)の連続でなかなか難儀します。しかし,調査を進めて徐々に疑問が解消されていく過程が,パズルのピースが一個一個うまっていくような感じで意外と楽しいこともあり,そんなときはひそかなやりがいを感じる瞬間です。

 

幸せを感じる瞬間

仕事で幸せを感じる瞬間は既に述べましたが,プライベートでも,おいしい食事やおいしいお酒を前に皆でわいわい騒ぐ,仲間とお祭りに行くなど,様々にあります。でも,その中で特にこれというものを挙げるとすれば,良い雰囲気,良い眺め,静かな空気感の中,良い泉質の露天風呂にゆったりつかる瞬間です。ここ藤沢は,箱根も熱海も所要1時間程度なので,私にとっては絶好の立地です。

 

好きな言葉・・・「二人三脚」

「誠心誠意」という言葉も好きなのですが,依頼者の方と二人三脚で頑張れたときは最終的には良い結果を出せる可能性が高い,と数年弁護士業を続けてきて最近実感してきまして,この言葉が好きになりました。この言葉の意味をじっくり考えてみると,意外と奥が深いです。

 

今までで最も感動したできごと

独立してこの事務所を開設し,初めて問い合わせの電話をうけたとき,自分は世間からちゃんと必要とされているのかもしれないとしみじみと感じ入り,かなり感動しました。

 

最近の関心ごと

何とか時間を作って付近の温泉地の日帰り温泉開拓をしたいと思っております。

 

 

弁護士 小林 玲生起

 

現在,交通事故件数は減少の一途を辿っており、今の日本は,最も交通事故被害に遭う確率の低い時代であると言えます。
しかし,現実に交通事故被害に遭った方にとっては、その「確率」は100%なのであり,「なぜ自分だけが理不尽な思いをしなければならないのか」と不満・不安を感じて当然だと思います。実際に,私の母親も,私が幼少期の頃に交通事故に遭い,首を痛める被害を負いました。この首の怪我は,その当時は治ったように見えましたが、年齢を重ねるとともに、疼痛が出るようになり、現在も定期的に接骨・鍼灸治療を受けている状況です。このような理不尽な事故に遭った方にとって、今の怪我を治すことは勿論、将来的にも健康被害が出ないよう、万全の治療を受けたいと感じるでしょう。
私は,このような思いを持つ被害者様を法的な面からサポートし、事故や怪我に見合った治療費等が適正に支払われているのか、加害者や損害保険会社の対応は適切かといったことを徹底的にチェックすることに努めております。
そして、被害者の皆様と共に、少しでも不満・不安を解消し、納得いく解決策を探し出す努力を怠りません。
まずは,是非,弊所にお越しいただき,お話だけでもお聞かせ願えればと思います。

 

 

経歴

昭和63年7月2日生まれ
平成19年3月  神奈川県立藤沢西高等学校 卒業
平成24年3月  立教大学法学部法学科 卒業
平成26年3月  早稲田大学法科大学院 卒業
平成27年12月 司法研修所 入所(69期)
平成28年12月 弁護士登録(神奈川県弁護士会)
同   シーライト藤沢法律事務所 入所

趣味

バスケットボール,スノーボード,猫カフェ,飼い猫洗い
今後は,健康維持も兼ねて筋トレを趣味にしたいと考えています。

幸せを感じる瞬間

人から「役に立った」「とても助かった」と感謝された時は,自分の社会貢献を実感して,幸せを感じます。また,猫好きなので,猫と戯れている時にはとても癒されます。

好きな言葉

・継続は力なり
・「人は繰り返し行うことの集大成である。だから優秀さとは、ただ一度の行為でなく、習慣なのだ。」(アリストテレス)
・下手な考え休むに似たり

今まで最も感動したできごと

飼い猫が亡くなってちょうど1年後の命日に,猫が家に迷い込んできて,今の飼い猫になったこと。この時ばかりは,「目に見えない何かの力ってあるのかな」と感ぜずにはいられませんでした。

最近の関心ごと

ロボット運転・自動運転が今後どの程度のスピードで普及するかは,弊所の業務上とても気になります。また,筋トレのジム選定に迷っています

 

 

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら