高次脳機能障害が疑われる場合の対応方法(医療機関の選定について)

救急で運び込まれた搬送先病院の医師が,頭部について異常なしという診断をしたものの,高次脳機能障害の後遺症が残ってしまった可能性が見落とされていることは否定できません。

なぜなら,脳の損傷が脳全体にわたり微細に生じている場合(びまん性軸索損傷),的確な診断が容易とはいえないからです。
特に,脳に深刻なダメージを受けるような事故に遭った場合,重傷で運び込まれることが多く,ほかの重症部位への対処に目を奪われがちなため,脳の微細な損傷については見落とされてしまう可能性があります。
よって,異常なしだからとそのままにするべきではないでしょう。異常なしという診断が,どの程度の検査結果に基づくものなのか,ということを把握することも重要です。
通常のCT検査を受けただけでは当然不十分で,また,通常のMRI検査を受けたというだけでも不十分な場合があります。少なくとも,SPECT(シングル・フォト・エミッションCT)やPET(ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)の検査を受けるべきでしょう。これら検査を受けると,脳の断面の血流状態がある程度判明し,血液が流れていない虚血領域を確認できます。さらにはMRIによって拡散テンソル画像(トラクト・グラフィー)を撮影し,分析してもらうことができるとよりよいといえます。

では,単純に,改めて脳神経外科へかかればよいのでしょうか。
確かに,まずは脳神経外科へかかり,脳の損傷の有無を確かめるMRI検査を再度受けることは有用です。
事故当初にMRIを撮影していたとしても,真に異常がないかどうかを確認するためには,定期的に頭部MRI検査を受け,脳の状態を経過観察してもらう必要があるからです。
SPECTやPET,拡散テンソルMRIの検査をまだ受けていなかったのであれば,これら検査をしていただくか,検査を受けることができる病院をご紹介いただくこともお願いしてください。

しかし,脳神経外科医のすべてが高次脳機能障害について詳しいというわけではありません。
受傷時にMRIを撮影している場合,医師が,既に撮影済みのMRI上の所見を再確認するだけの作業しかしてくれず,再度のMRI検査を行ってくれない可能性もあり,これでは確かなことは分かりません。

そこで,このことへの対策の一つとして,障害者自立支援法に基づいて国が実施する「高次脳機能障害支援普及事業」を利用するという方法が考えられます。
この事業は,当初,高次脳機能障害支援モデル事業として発足しました。
平成13年から15年にかけて実態調査及び支援のための枠組み作りが行われ,平成16年から17年にかけてモデル事業の実践と評価が行われました。
そして平成18年から,高次脳機能障害支援普及事業が実施され,平成22年には全都道府県において支援拠点機関が設置されるに至りました。

神奈川県における高次脳機能障害支援拠点機関は,神奈川県総合リハビリテーションセンターです。
高次脳機能障害の専門相談の電話連絡先は046-249-2612です。
高次脳機能障害の場合,具体的には神奈川リハビリテーション病院(厚木市)を受診することになります。

高次脳機能障害の症状は以下に列記した「高次脳機能障害においてよくみられる症状」のとおり,非常に多岐に渡ります。
そして厄介なことに,これらの性格や人格の変化は,ご本人では自覚が困難で,しかも微妙なものであり,日頃から頻繁に接触している方でなければ気が付きにくいという特徴があります。
そのため,ご本人に代わって一番頼りになる方々としては,ご家族や職場のご同僚など,近しい方です。特にご家族から見て,交通事故後,被害者ご本人に以下のような変化があり,違和感があるという場合,一度ご相談を検討されるべきでしょう。
厚生労働省におけるの「高次脳機能障害支援モデル事業」の最終報告書(平成16年発表)では,記憶障害(90%),注意障害(82%),遂行機能障害(75%)の順序で発症頻度が高い旨の報告がなされているということが,違和感の心当たりのご参考になるかと思います。
もし,どう対処したらよいか分からずこのページをご覧になっておられる方がおられましたら,もちろん弊所にご相談いただいても構いません。
何か少しでもお力になれることがあれば幸いです。

高次脳機能障害においてよくみられる症状

記憶障害(新しいことが覚えられない)
~具体例~
忘れっぽいことに気づいてない
日付や場所が分からない
昔のことが思い出せない

注意障害(気が散りやすい)
~具体例~
集中できない
うっかりミスが多い
持続性に欠ける
二つのことに気が配れない

遂行機能障害(行動にまとまりがない)
~具体例~
計画が立てられない
優先順位が決められない
段取りが悪くテキパキ要領よくできない
行動の途中で混乱する

病識欠如(どこが悪いか自覚がない)
~具体例~
障害があることを理解できない
なんでもできると思っている
人の意見を聞かない

自発性の低下(自分では何もしようとしない)
~具体例~
やる気がない
動きたがらない
何でも面倒に感じる

依存性・退行(子供っぽくなった)
~具体例~
人に頼る
口先ばかりで行動が伴わない
家族に代弁を求める

欲求コントロール低下(我慢ができない)
~具体例~
いくらでも食べてしまう
先のことを考えずにお金を使う
待てない

感情コントロール低下(ささいなことで怒り出す)
~具体例~
気分にムラがある
場にそぐわない泣き笑い
一度にいろいろなことがあるとパニックを起こす

固執性(こだわりが強い)
~具体例~
気持ちが切り替えられない
同じことをし続ける
1つのことを繰り返し言い続ける

失語(しゃべれない)
~具体例~
話すことや言葉の理解が難しい
書くことや読むことが難しい

失行(道具が使えない)
~具体例~
動作がぎこちない
思い通りに動けない
操作手順が分からなくなる

失認(見ているものが分からない)
~具体例~
見えているのに何か分からない
知っている人の顔が見分けられない

半側空間無視(片側を見落とす)
~具体例~
片側にあるものに気づかない
食事を食べ残す
人や物にぶつかる
文章の左側を見落とす

地誌的障害(場所が分からない)
~具体例~
道に迷う
場所や方向など位置関係が分からない

対人技能拙劣(人間関係を作るのが苦手)
~具体例~
相手の気持ちを察することができない
他者の落ち度を過度に指摘する
一方的な主張をする

抑うつ(落ち込んで何もできない)
~具体例~
やる気が出ない
一日中横になっている
悲観的になりやすい

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら