後遺障害等級と損害賠償

交通事故に遭われた場合に請求できる損害賠償金額は、自賠責保険によって認定される後遺障害の等級によって大きく異なります。

下の表をご覧ください。

これは、どのような後遺障害について何等級が認定されるかということと、その場合に自賠責保険から支払われる自賠責保険金額、並びに各等級における労働能力喪失率をまとめものです。

後遺障害別の等級表(自賠責保険金額・労働能力損失率)

別表第1

等級 介護を要する後遺障害 自賠責保険(共済)金額 労働能力喪失率
第1級
  1. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  2. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4、000万円 100%
第2級
  1. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  2. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3、000万円 100%

 

別表第2

等級 後遺障害 自賠責保険(共済)金額 労働能力喪失率
第1級
  1. 両眼が失明したもの
  2. 咀嚼および言語の機能を廃したもの
  3. 両上肢を肘関節以上で失ったもの
  4. 両上肢の用を全廃したもの
  5. 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  6. 両下肢の用を全廃したもの
3、000万円 100%
第2級
  1. 1眼が失明し、他眼の視力が02以下になったもの
  2. 両眼の視力が02以下になったもの
  3. 両上肢を手関節以上で失ったもの
  4. 両下肢を足関節以上で失ったもの
2、590万円 100%
第3級
  1. 1眼が失明し、他眼の視力が06以下になったもの
  2. 咀嚼または言語の機能を廃したもの
  3. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  4. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  5. 両手の手指の全部を失ったもの
2、219万円 100%
第4級
  1. 両眼の視力が06以下になったもの
  2. 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  3. 両耳の聴力を全く失ったもの
  4. 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
  5. 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
  6. 両手の手指の全部の用を廃したもの
  7. 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
1、889万円 92%
第5級
  1. 1眼が失明し、他眼の視力が1以下になったもの
  2. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  3. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  4. 1上肢を手関節以上で失ったもの
  5. 1下肢を足関節以上で失ったもの
  6. 1上肢の用の全廃したもの
  7. 1下肢の用を全廃したもの
  8. 両足の足指の全部を失ったもの
1、574万円 79%
第6級
  1. 両眼の視力が1以下になったもの
  2. 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  3. 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  4. 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  5. 脊柱に著しい奇形又は運動障害を残すもの
  6. 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  7. 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  8. 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの
1、296万円 67%
第7級
  1. 1眼が失明し、他眼の視力が6以下のなったもの
  2. 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  3. 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  4. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  5. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  6. 1手の親指を含み3の手指を失ったもの又は親指以外の4の手指を失ったもの
  7. 1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの
  8. 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
  9. 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  10. 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  11. 両足の足指の全部の用を廃したもの
  12. 外貌に著しい醜状を残すもの
  13. 両側の睾丸を失ったもの
1、051万円 56%
第8級
  1. 1眼が失明し、又は1眼の視力が02以下になったもの
  2. 脊柱に運動障害を残すもの
  3. 1手の親指を含み2の手指を失ったもの又は親指以外の3の手指を失ったもの
  4. 1手の親指を含み3の手指の用を廃したもの 又は親指以外の4の手指の 用を廃したもの
  5. 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  6. 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  7. 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  8. 1上肢に偽関節を残すもの
  9. 1下肢に偽関節を残すもの
  10. 1足の足指の全部を失ったもの
  11. 脾臓又は1側の腎臓を失ったもの
819万円 45%
第9級
  1. 両眼の視力が6以下になったもの
  2. 1眼の視力が06以下になったもの
  3. 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  4. 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  5. 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  6. 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  7. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  8. 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  9. 1耳の聴力をまったく失ったもの
  10. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労 務が相当な程度に制限されるもの
  11. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  12. 1手のおや指又は親指以外の2の手指を失ったもの
  13. 1手の親指を含み2の手指の用を廃したもの又は親指以外の3の手指の用を廃したもの
  14. 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
  15. 1足の足指の全部の用を廃したもの
  16. 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  17. 生殖器に著しい障害を残すもの
616万円 35%
第10級
  1. 1眼の視力1以下になったもの
  2. 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  3. 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  4. 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  5. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  6. 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  7. 1手のおや指又は親指以外の2の手指の用を廃したもの
  8. 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  9. 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  10. 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  11. 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円 27%
第11級
  1. 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  2. 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  3. 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  4. 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  5. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  6. 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  7. 脊柱に変形を残すもの
  8. 1手のひとさし指、中指又は薬指を失ったもの
  9. 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
  10. 胸腹部臓器に障害を残すもの
331万円 20%
第12級
  1. 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  2. 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  3. 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  4. 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  5. 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  6. 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  7. 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  8. 長管骨に変形を残すもの
  9. 1手のこ指を失ったもの
  10. 1手のひとさし指、中指又は薬指の用を廃したもの
  11. 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  12. 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
  13. 局部に頑固な神経症状を残すもの
  14. 外貌に醜状を残すもの
224万円 14%
第13級
  1. 1眼の視力が6以下になったもの
  2. 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  3. 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  4. 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  5. 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  6. 1手の小指の用を廃したもの
  7. 1手の親指の指骨の一部を失ったもの
  8. 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
  9. 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
  10. 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
139万円 9%
第14級
  1. 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  2. 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  3. 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  4. 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
  5. 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
  6. 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  7. 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  8. 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
  9. 局部に神経症状を残すもの
75万円 5%

 

上記の自賠責保険金額は、あくまで自賠責保険から支払われる後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益の合計金額です。最大では、裁判基準によって算定される後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益の合計額を請求することができます。

それでは、裁判基準によって算定される後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益とは具体的にはどのようなものなのか。

まず、裁判基準による後遺障害慰謝料の目安は以下のとおりです。

第1級 第2級 第3級 第4級 第5級 第6級 第7級
2800万円 2370万円 1990万円 1670万円 1400万円 1180万円 1000万円
第8級 第9級 第10級 第11級 第12級 第13級 第14級
830万円 690万円 550万円 420万円 290万円 180万円 110万円

ただ、被害者の方の年齢、ご職業や業務内容、後遺障害の内容や程度によって、上記目安金額は増減されることがあります。

次に、裁判基準による後遺障害逸失利益ですが、これは、一般的には、以下の計算式で算定された金額です。

基礎収入(事故前1年間の収入)×労働能力喪失率×労働能力喪失期間(年)-中間利息

労働能力喪失率は、先ほどの表に掲載されたとおりですが、労働能力喪失期間は、後遺障害の内容や程度によって変わってきます。また、後遺障害の内容によっては、後遺障害逸失利益が、これを請求しても認められないケースがあります。さらには、ご職業によって基礎収入の計算方法が異なります。

その反面、逸失利益が認められないような後遺障害の場合、上記後遺障害慰謝料が増額されるケースもあります。ただ、増額される金額は具体的な事件によってまちまちです。

このように、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益の計算方法は、交通事故裁判実務の豊富な知識や経験がないと、適正金額を的確に算定することが難しいといえます。しかも、自賠責保険の基準で算定した金額と、裁判基準で算定した金額とでは、後遺障害等級によっては数百万円から数千万円の開きが生じる場合もあります。そして、当初、相手方保険会社が提示してくる金額は、自賠責基準により近い金額であることが大半です。

交通事故事件の豊富な知識経験を有する弁護士が交渉する場合には、自賠責保険の基準額ではなく、裁判所の基準を用いて計算し、かつ、相手方保険会社も認めざるを得ないような金額とその根拠を的確に提示して交渉しますので、獲得金額が増額されるケースがほとんどです。

上記表のとおり、認定される後遺障害等級によって獲得できる金額が大きく異なりますので、等級認定の重要性はお分かりいただけるものと思います。そのため、事故直後の早い段階から、自賠責保険実務、医療及び交通事故裁判実務の豊富な知識や経験がある弁護士に相談し、適切な後遺障害等級の認定を受ける準備をすることがとても大切です。

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら