JCS (Japan Coma Scale(ジャパン・コーマ・スケール))とは

 JCS (Japan Coma Scale(ジャパン・コーマ・スケール))とは

Japan Coma Scale(ジャパン・コーマ・スケール) とは、JCSとも略記されますが、意識状態判定に用いられる判定基準の一種です。
JCSは、3-3-9度方式ともよばれ、Glasgow Coma Scale(グラスゴー・コーマ・スケール、略称GCS)と並ぶ、意識状態把握のための共通言語の一つです。
意識は、清明度(覚醒度、量的意識)とその具体的内容(認識、思考、判断、記憶など質的意識)に大別され、意識障害は両面から判定されます。

 

意識状態の判定とJCSの位置づけ

意識障害は脳組織が不可逆的損傷になる以前に迅速な治療が求められるので、客観的に判定されることが重要であるとされております。
現在、わが国では、Japan Coma Scale(JCS)とGlasgow Coma Scale(GSC)が多用されており、開閉眼状態、自発運動の有無、刺激に対する反応などから、客観的な量的意識レベルを経時的に把握されております。

このうちJCSは、脳卒中の日本外科学会による分類であり、簡便に数値可され、ベッドサイドで容易に判定でき、紹介医やコメディカルとのコミュニケーションに便利であると考えられております。意識は刺激を加えない状態と、外敵に刺激を加えそれに対する自覚性と反応性によって判定されております。前述のように、JCSは、いわゆる3-3-9度方式で、

・刺激しないでも覚醒している(1桁、1~3点)、
・刺激で覚醒する(2桁、10点~30点)、
・刺激で覚醒しない(3桁、100点~300点)
の3群に分け、各群内は反応様式でさらに3段階に細分類されており、意識清明は0点として10段階で判定されております。

つまり、JCSは、その数字が大きくなればなるほど重症を表しているということです。
開眼するが反応に応じないなど、特殊な症状がある場合においては、意識状態の判定にJCSを用いることは不向きであり、GCSの方が優れた判定基準たりえます。
なお、意識状態の判定にあたってJCSを用いるにしても、軽度の意識障害では、誤って認知症や失語症と判断しないように注意しなければならないとされております。

 

Japan Coma Scale(JCS)の具体的な判定基準

Ⅰ.刺激しないでも覚醒している状態(1桁の点数で表現)
3.自分の名前、生年月日が言えない
2.見当識障害がある
1.意識清明とは言えない

Ⅱ.刺激すると覚醒する状態(2桁の点数で表現)
30.痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すと辛うじて開眼する
20.大きな声または体を揺さぶることにより開眼する
10.普通の呼びかけで容易に開眼する

Ⅲ.刺激をしても覚醒しない状態(3桁の点数で表現)
300.痛み刺激に全く反応しない
200.痛み刺激で少し手足を動かしたり顔をしかめる
100.痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする

上記分類に加え、不穏状態がある場合は「R」、
失禁状態がある場合は「I」または「Inc」、
無動性無言・自発性喪失がある場合は「A」と追記され、意識清明の場合は「0」と記載されます。

カルテや診断書等における具体的な記載例としては、
例① 意識はあるがボーっとしていてはっきりしない場合の記載
JCS 1(またはJCS Ⅰ-1)
例② 体を揺さぶると開眼するが不穏状態が見られる場合の記載
JCS 20-R(またはJCSⅡ-2-R)
例③ 意識がはっきりしている場合の記載
JCS 0

などといった形式になります。

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら