【解決事例】異議申立により後遺障害14級が認定され,フルタイム勤務の主婦に家事従事者の休業損害が認められた事例

依頼者 40代会社員 女性
後遺障害内容 14級
負傷部位 腰椎,頚椎,左肩
傷病名 腰椎捻挫,頚椎捻挫

 

項目 ご相談前 獲得額 増額幅
後遺障害等級 非該当→14級
入通院慰謝料 1040000
休業損害 820000
逸失利益 820000
後遺障害慰謝料 1100000
その他 20000
既払い額 -1000000
合計 2800000

 

1 ご相談内容

ご紹介によりお問合せをいただき,間もなく結婚を控えていらっしゃるとのことで,パートナーの方と一緒にご面談にいらっしゃいました。
お話を伺ったところ,痛みの症状が強いということでした。後遺症が残る可能性があると考え,万が一後遺症が残った場合を見据えて今後の通院などについてアドバイスをしました。
休業損害についてもご心配のご様子でしたので,家事従事者としての休業損害を得られる可能性があることをご説明しました。

2 サポートの流れ

定期的に通院状況を確認しながら,経過を見守っていたところ,通院開始から半年頃に相手方保険会社から治療費支払い打ち切りの打診があったため,延長交渉をおこないました。交渉した結果,1ヶ月の延長に成功しました。ただ,医師が更に通院を継続したほうがいいと判断しているとのことであったため,医師の指示に従い,8ヶ月目からは健康保険で通院を続けることになりました。そして引き続き,治療状況を見守っていきました。健康保険で半年ほど通院しましたが,後遺症が残ってしまったため,自賠責保険へ後遺障害等級の申請をおこないました。
申請に先立ち,後遺障害診断書以外にも取付けた方が良いと考えられる補助資料の作成を病院に依頼しましたが,断られてしまいましたので,補助資料なしで後遺障害等級の申請を行ないました。しかし,等級は認定されず,いわゆる非該当となってしまいました。この結果に弁護士もお客様も納得がいかず,異議申立及び補助資料の取付けを再度試みることにしました。医師はお忙しいとのことでしたが,粘り強く依頼し,なんとか補助資料を入手することができました。

異議申立の手続きでは、この補助資料と医師による画像鑑定意見書を追加資料として提出した結果、無事14級が認定されました。

3 解決内容

依頼者はフルタイムで働く主婦の方でした。当初,相手方損保は,フルタイム勤務なのだから,主婦業より会社勤務の割合が大きいだろう,主婦の休業損害はない,と主張していました。兼業主婦も主婦休損が請求できるのは当然のことですから,根拠とともに相手損保に説明しました。しかし納得が得られませんでしたので,依頼者に事故前の主婦業の内容や,事故によって主婦業にどのような影響が出たのかをヒアリングしました。その上で,再度相手方損保と交渉をおこなった結果,主婦の休業損害が認められるに至りました。
また,休業期間についても,打ち切り日までとするか,症状固定日までとするかで争っていましたが,交渉の結果,打ち切り後の期間も一部も認めさせることができました。
治療費に関しても,交渉により,未払いだった打ち切り後の治療費が全額認められました。

4 弁護士の所感・解決のポイント

交通事故に遭われてから,お怪我によって家事が大変になってしまったと聞いていました。たとえば料理を出来合いで済ませなくてはいけなくなった,洗濯物を干すのが辛くなり,ご主人に頼まなくてはいけなくなってしまった,などのお悩みを伺う度に,相手方損保が「ない」と主張する主婦休損の実態は確かに「ある」のだ,という確信を強めていきました。そういったお客様の声が原動力になり,より毅然とした態度で相手方損保との交渉を続けられたのだと思います。
交渉の結果,「主婦の休業損害」はあった,と認めさせることができました。これは,家事そのものだけでなく被害者の気持ちも含めて実際に生じた苦労が認められたということです。今回のケースでは,後遺障害や主婦の休業損害が認められ,被害の実態に合った救済を得ることができたと自負しています。

 

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら