【解決事例】後遺障害併合6級と賠償金約4896万円が獲得できた事例

依頼者 40代男性/会社員
後遺障害内容 併合6級
負傷部位 胸部ほか
診断名 胸椎圧迫骨折,肋骨骨折ほか

 

 

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 198万円 198万円
休業損害 治療中に受任 680万円 680万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 4458万円 4458万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 1180万円 1180万円
過失相殺・既払い金など 治療中に受任 -1620万円 -1620万円
合計額 治療中に受任 4896万円 4896万円

 

1 相談・依頼のきっかけ

事故直後にご依頼者様から,「胸椎・肋骨・左肩甲骨の骨折があり,今後の示談交渉に不安があるので相談したい」と入院中の病院からお問い合わせがありました。
ご依頼者様は弁護士費用特約にご加入されていたので,他の法律事務所にもお問い合わせされたそうですが,「治療が終わってから,示談交渉の段階になったら,相談してほしい」,「あいにく入院先への訪問はできない」など断られてしまったそうです。
本件では,弁護士が入院先の病院にて出張相談を行いました。地元湘南の法律事務所で,交通事故の被害者救済に力を入れていることから,ご依頼いただきました。
弊所では弁護士費用特約にご加入されている方であれば,自己負担なく,多少遠方であっても入院先にて出張面談をさせて頂くことができます。

 

2 弊所によるサポート

交通事故直後からのご依頼でした。治療期間が2年程度にわたり,その間は休業されていたので,治療中から幅広い分野をサポート・アドバイスをさせていただきました。
一例ですが,①スクーター(物損)の示談交渉,②治療中における定期的な状況確認,③公立の病院に入通院されていたので,(イ)頻繁に医師が異動されることにともなう「引継事項」の協議,(ロ)MRI・3DCT撮影等受けておくべき検査に関するの情報提供,④健康保険を用いた通院の注意点や健康保険組合への提出書類の作成アドバイスなどを行いました。⑤相手方保険会社に対して,賞与減額分の支払いや休業損害の仮払い交渉を行いました。
症状固定後は,⑥自賠責保険へ後遺障害等級の申請手続を行いました。等級認定後は,⑦怪我や慰謝料(人損)の示談交渉と,その一環として,⑧検察庁より刑事記録の取り寄せを行い,過失割合調査をしました。

 

3 解決内容

後遺障害等級は併合6級が認定されました。
ご依頼者様は,交通事故の治療のため,長期間にわたる休業を余儀なくされました。
本件は,仮に裁判をしたとしても,治療期間が長かったため,打ち切り後の約一年分の休業損害は認められにくく,また6級では将来介護費が認められる可能性が極めて低いのですが,あえてこれらも主張して粘り強く交渉しました。
粘り強い交渉の結果,入通院慰謝料,後遺障害逸失利益,後遺障害慰謝料等については,裁判をした場合と同様の金額を獲得することができました。

 

4 弁護士の所感

ご依頼者様は,本件事故以前の事故で足にボルトをいれていたこともあり,アドバイスはしたものの,MRI や3DCT撮影ができませんでした。また, CRPS の証明に必要なサーモグラフィー検査も受けられませんでした。加えて,原因不明の疼痛があり,適正な等級が認定されるかどうか,一抹の不安がありました。
しかし,結果として,適正な等級が認定されただけでなく,賠償金についても,相手方保険会社に対して,裁判をしたのと同等の損害賠償額を認めさせることができました。

一つの成功事例と言えるかと思います。
事故発生直後からのご依頼で,2年以上にわたる永いおつきあいでしたが,無事に解決することができ,当所としても,胸を撫で下ろす思いです。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら