【解決事例】頸椎捻挫(むちうち)の後遺障害等級と賠償金約330万円を獲得できた事例

依頼者 50代男性/会社員
後遺障害内容 14級
負傷部位 頸椎
診断名 頸椎捻挫

 

 

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 117万円

(裁判基準相当額)

117万円
休業損害 治療中に受任 約15万円 約15万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 110万円

(裁判基準相当額)

110万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 約88万円

(裁判基準相当額)

約88万円
合計額 治療中に受任 約330万円 約330万円

※上記のほか治療費や交通費その他雑費は全額回収

 

1 相談・依頼のきっかけ

事故歴が付くことで修理した車の価値が下がってしまう評価損の交渉や今後の通院などで不安があるようで,交通事故の被害に遭われてからすぐにご相談,ご依頼いただきました。

 

2 弊所によるサポート

弊所では以下のようなサポートを行いました。

・お車(物損)の示談交渉

・治療中における定期的な状況確認とワンポイントアドバイス

・相手損保対応(休業損害の請求,治療期間延長交渉)

・自賠責保険への後遺障害等級の申請手続

・お怪我や後遺症(人損)の示談交渉

 

3 弁護士の所感・解決のポイント

上記サポートの結果,残存してしまった後遺症についてきちんと後遺障害等級を獲得でき,裁判をした場合と同等の示談金330万円を示談交渉で獲得することができました。

骨折がない打撲・捻挫の負傷をされた方でも,弁護士特約にご加入されている方であれば,原則として弁護士費用の自己負担がなく,しかも治療中の早い段階からご依頼を受けて上記サポートをさせていただくことができます。

ぜひ,一度弊所へご相談ください。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら