【解決事例】多重事故に遭われたご夫婦が通院期間中からのサポートで後遺障害14級が認定され解決した事例

依頼者 60代男性/無職 50代女性/兼業主婦
後遺障害内容 (1事故目)14級

(2事故目)14級

14級
負傷部位 (1事故目)首

(2事故目)首と腰

首と腰
診断名 (1事故目)頸椎捻挫

(2事故目)頸椎捻挫,腰部挫傷

頸椎捻挫,腰部挫傷

 

 

男性依頼者(2事故合算)

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 約120万円 約120万円
後遺障害逸失利益

後遺障害慰謝料

治療中に受任 約240万円 約240万円
合計額 治療中に受任 約360万円 約360万円

 

女性依頼者

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 約91万円 約91万円
休業損害 治療中に受任 約91万円 約91万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 約79万円 約79万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 約110万円 約110万円
合計額 治療中に受任 約371万円 約371万円

※上記いずれも治療費,交通費等は全額認定

 

1 相談・依頼のきっかけ

ご主人が自動車を運転中事故に遭われたところ,奥様が以前弊所をご利用されたご縁でご依頼いただきました。
受任後,今度はご夫婦で自動車事故に遭われてしまい,二事故目もご依頼いただきました。

2 過失割合での争い

初回面談時に過失割合で争っているとのご相談を受け,まずは物損の示談交渉に着手し,過失割合の調査を開始しました。当初相手方は過失割合70:30を主張し,こちらは95:5を主張していました。
事実関係のところで水掛け論になり,結局,実況見分をしなければわからないという膠着状態になってしまいました。
警察では物件事故として扱われていましたが,物件事故扱いで実況見分をしていないままでは過失割合の調査が難しいため,人身事故に切り替える届け出をして実況見分をしてもらうよう勧めました。しかし,人身事故切り替えを申し出た途端に相手方は事故直後とは主張を変え,人身事故への切り替えや実況見分をすることに消極的な態度となりました。
最終的には人身事故切り替えに消極的な加害者との交渉で,引き続き物件事故として扱う代わりに過失割合を85:15にする同意を得て物損は納得の解決となりました。

3 再度の交通事故

一事故目の治療経過を見守っていたところ,今度は奥様と一緒に二事故目に遭われました。追突事故なので過失割合に争いはないため,一事故目と二事故目を併せて引き続き治療状況を見守っていくことにしました。その後は,医師が治療の必要ありと診断していたにもかかわらず相手方保険会社に治療費を打ち切られてしまったため,健康保険を使って通院することになりました。そうして健康保険を利用しての治療期間も含め,半年以上通院したものの,結果的にご夫妻共に後遺障害が残存してしまったため,後遺障害等級等級の申請を行うことにしました。
後遺障害診断書を書いてもらうにあたり,より詳細な書類にすべく病院に加筆修正を依頼し,また健康保険での通院分は別途診断書を取付けるなど色々と手を尽くした上で,後遺障害等級の申請を行いました。後遺傷害等級はご主人の一事故目は頸部痛について14級,二事故目は頸部痛について14級が認定されました。症状固定後に一度同じ部位に同じ等級がつくと,それ以上の等級でないとつかないものですが,本件は治療中にまた怪我をしたので等級が認定されたと考えられます。奥様も頸部痛について14級が認定されました。

4 解決内容

示談交渉の結果,奥様の後遺障害慰謝料と後遺傷害逸失利益については,裁判基準の満額を得ることができました。また休業損害についても納得の金額で解決となりました。通院慰謝料は裁判をすれば僅かに伸びる可能性はありましたが,するほどではないと判断し,奥様と相談し裁判せずに示談解決となりました。
ご主人も,妥当かつ納得の額で示談での解決となり,ご夫婦共に上記の通り賠償額を伸ばすことができました。

5 弁護士の所感・解決のポイント

一,二事故同一部位の負傷で後遺症が残った上,治療中に二事故目が起きてしまった事件で,比較的解決が難しい事件だったと思います。更に同じ部位のお怪我で等級認定されたこともあって,一般的な事件に比べて処理が複雑だったように思います。しかし,弊所には様々なタイプの交通事故をこれまでに沢山取り扱ってきた経験とノウハウの蓄積がありますので,そういった経験を活かし,よりよい解決のため最善を模索した結果,ご納得頂ける形で解決となりました。
示談交渉が進む度に,ご夫妻と面談などで詳細な打ち合わせをその都度行って進めていったことも,ご納得いただいて解決した一因だったのではと思います。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら