【解決事例】交通事故による約11カ月の通院により190万円の賠償金を獲得した事例

依頼者:30代女性/主婦

傷害内容:右手関節損傷(TFCC損傷疑い)

通院期間:約11カ月

交通事故地:藤沢市

 

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
通院慰謝料 治療中に受任 約100万円 約100円
休業損害 治療中に受任 約90万円 約90万円
合計額 治療中に受任 約190万円 約190万円

※治療費等は全額既払い

 

1 相談・依頼のきっかけ

ご相談者は,前方車両停止に伴い停止中,後方から走行してきたトラックに追突されるという交通事故の被害に遭われました。治療中ではあるものの,今後の示談交渉や,万が一後遺症が残った場合に不安があるとのことで,ご相談・ご依頼いただきました。

2 シーライト藤沢法律事務所が関与した結果

ご依頼をお受けした後,ご本人とご相談したところ,症状が概ね改善したため,後遺障害等級の申請は行わず,示談交渉を進めてほしいとのご要望をいただきました。そこで,弊所にて示談交渉を行った結果,上記のとおり,治療費等とは別に,通院慰謝料について約100万円(裁判基準以上),休業損害については約90万円を獲得することができました。

3 弁護士の所感・解決のポイント

本件は,通院慰謝料も休業損害も高い水準での示談が成立した成功事例の一つと考えております。

交通事故に遭われ,示談交渉に不安を覚えてらっしゃる方におかれましては,まずはご相談ください。

 

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら