【解決事例】頸椎捻挫(むち打ち)の後遺障害等級が認定され,345万円を獲得できた事例

依頼者:40代男性/会社員
後遺障害内容:頸椎捻挫(後遺障害14級)

 賠償項目  ご相談前  獲得額  増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 約345万円
(裁判基準相当額)
約345万円
休業損害
後遺障害慰謝料
後遺障害逸失利益
合計額  治療中に受任 約345万円  約345万円

 

1 相談・依頼のきっかけ

交通事故の被害に遭われ,半年間治療を続けているものの症状が残存しているものの,相手損保から治療費の支払い打ち切りを打診されているため,自賠責保険への後遺障害等級の申請や示談交渉を依頼したいとのことで,ご相談,ご依頼いただきました。

2 自賠責保険への後遺症の申請

弊所にて医学資料の取付,医師への医学資料の修正依頼等を含め,自賠責保険への後遺症の申請をサポート・代行致しました。
その結果,症状の残存していた頸椎捻挫(むちうち)について,後遺障害等級14級が認定されました。

3 示談交渉

その後,引き続き弊所にて交通事故の賠償金について相手損保と交渉を行った結果,上記賠償金を獲得することができ,適正な補償を受けていただける結果となりました。

4 弁護士の所感・解決のポイント

弊所では自賠責保険への後遺症の申請のサポート・代行を承っております。
同サポート・代行においては,後遺症の補償を獲得できる可能性が少しでも高まるよう,様々なフォローをさせていただいております。
弁護士特約にご加入されている方であれば,原則として,後遺症の申請サポートはもちろん,それ以前の治療中からのご依頼も承ることができます。
ぜひ,一度弁護士へご相談ください。

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら