【解決事例】約1年間の通院で約160万円の賠償金を獲得した事例

依頼者: 40代男性/会社役員
後遺障害内容:頸椎捻挫,腰椎捻挫
交通事故地:県外

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 120万円
(裁判基準)
120万円
休業損害 治療中に受任 約42万円 約42万円
合計額 治療中に受任 約162万円 約162万円

治療費等は回収済み

1 相談・依頼のきっかけ

路外へ進入するため待機中,後方から追突されるという交通事故の被害に遭い,今後の示談交渉等を任せたいとのことで,ご相談・ご依頼いただきました。

2 後遺障害等級の申請

長らく治療を続けたものの,むち打ち等の症状が残ってしまったとのことであったため,後遺障害等級の申請をすることとなりました。
しかし,本件のご依頼者の場合,過去の交通事故において残存した首と腰の痛みに後遺障害14級が認定されていたため,本件においてはもはや14級が認定されることはないという状態でした。
そこで,後遺障害12級の認定を目指して医学的証拠の収集を行いましたが,明確な他覚的所見(MRI画像や深部腱反射等)は認められませんでした。可能な限り証拠を収集した上で,自賠責保険に対して後遺障害等級の申請を行いましたが,むち打ちでの後遺障害12級認定の壁は厚く,力及ばず,後遺障害等級は認定されませんでした。

3 示談交渉の結果

後遺障害等級は認定されなかったものの,結果として後遺症が残ってしまっていることを主張して示談交渉を行いました。その結果,通院慰謝料については裁判基準満額で,役員報酬の減額部分についても休業損害を認めさせての示談解決となりました。

4 弁護士の所感・解決のポイント

過去にも交通事故の被害に遭い,後遺障害等級の認定がなされた部位がある場合,同一部位には同一レベルの等級は認定されません。より重い後遺障害が残ってしまったと認められる場合に限り,より上位の後遺障害等級が認定されます。 本件では力及ばず,より重い後遺症が残ってしまったというレベルまでは後遺症の立証ができませんでしたが,事案によってはこれが立証可能になる場合もあります。
まずはご相談ください。

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら