【解決事例】後遺障害等級獲得が困難と思われたものの無事14級を獲得できた事例

依 頼 者: 50代男性/自営業
通院期間 約6か月
後遺障害内容:頸部痛,腰部痛(いずれも14級)
交通事故地:相模原市

賠償項目 ご相談前 獲得額 増減額
入通院慰謝料 約66万円 245万円 約179万円
後遺障害慰謝料 0円
後遺障害逸失利益 0円
合計額 約66万円 245万円 約179万円

※休業損害 約90万円は治療中に受領済み

1 相談・依頼のきっかけ

ご相談者は,後方から走行してきた車両に追突されるという交通事故の被害に遭い,首と腰を負傷された方でした。相手損保から示談金の提示を受けたが,首と腰に痛みが残っているのに後遺症の補償を得られないのは納得できないとのことで,自賠責保険に対する後遺障害等級の申請とその後の示談交渉についてご相談,ご依頼いただきました。

2 後遺障害等級の申請について

ご依頼者の方の症状は自覚症状が主体であるため元々立証が容易ではないにもかかわらず,約3か月前に治療費の支払いを打ち切られたためその後通院を一切していなかったばかりか,病院への通院回数が少なく,後遺障害等級の獲得は困難と予想されました。
弊所では,ご依頼者の方から通院経過を詳細にお伺いし,複数あった通院先医師のうち,主治医といえるであろう,核となる医師を特定しました。その上で,通院が途切れた3カ月間部分のフォローと後遺障害診断書や後遺障害の医学的補助資料を取り付ける上で必要となるアドバイスをさせていただき,そのほかの病院からも医学的な補助資料を取り付けました。
そして,収集した後遺障害診断書や医学的な補足資料についてのチェックを行い,自賠責保険への後遺障害等級の審査を申請致しました。
その結果,むち打ち,腰痛の後遺症いずれについても14級の後遺障害等級が認定されました。
後遺障害等級獲得は困難と思われましたが,結果として後遺障害等級が獲得できたポイントは,交通事故時の衝撃が大きかったこと,交通事故直後2日間とはいえ入院を要する症状であったこと,そして何よりも,主治医の方に丁寧で詳細な後遺障害診断書をご作成いただけたことであったと思われます。

3 示談交渉の結果

示談交渉の結果は上記のとおりであり,概ね裁判基準に基づいた適正な賠償金を獲得することができました。

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件は,自覚症状が主体であるため元々立証が容易ではないむち打ち・腰痛の後遺症であるにもかかわらず,治療費の支払い打ち切り後の最終通院日から約3か月間通院が途切れており,かつ病院への通院回数が少なかったため,当初,後遺障害等級の獲得は困難と考えておりました。
しかし,弁護士が可能な限りのフォローをさせていただいたことが功を奏したのか,結果として後遺障害等級を獲得できたという意味では,成功事例であったと考えております。
交通事故によるむち打ちや腰痛に悩んでおられる方におかれましては,弊所弁護士がお力添え致しますので是非ご相談ください。
事案によっては良い結果を生むことのできる糸口が見つかるかもしれません。

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら