4.示談交渉開始から1か月半のスピード解決

ご主人

交渉開始当初、保険会社から阿部先生を通じて賠償金額が提示されてきたのですが、阿部先生が請求しようとしている金額と対比すると、かなり開きがあるわけですよ。なので、この保険会社の提示額にある程度乗せた金額で解決するとなると、大体落とすところは多分この真ん中ぐらいかなと思ってたんですね。だけど、実際にはそれよりも上のあたりで落としたので、やるな、かなり取ったなと思いました。
阿部先生から、弁護士さんだけがどんなに頑張っても駄目なんだと、やっぱり僕ら被害者が、ちゃんと治療計画に沿って通院して、病院とも打ち合わせて、弁護士さんとも打ち合わせて、適切な治療を受けてきたという積み重ねがあってはじめて適正な補償につながるという話なんですということを聞いて、すごく勉強になりました。
ちゃんと治療に専念しないでいたのに、途中治療が抜けちゃったけど後遺症残っちゃったから「先生、これぐらいは取ってくださいよ」っていっても無理です、ってことなんですよね。
≫≫実際の解決額はこちら(解決事例)

 

【弁護士からのコメント】

有り難いことに、お二人にはかなり私のことを信頼していただけたので、交渉はこれまでの積み重ねを思いっきりぶつけていくということでスムーズに進みました。事件のより良い解決には弁護士の力だけでは困難を伴う場面が少なくありません。

このご夫婦の件は、まさにご本人・弁護士との二人三脚が功を奏したといえます。

 

>>K様の解決事例はこちら
1.事故直後の状況と沸き起こった不安
2.弁護士・阿部貴之との出会い
3.通院の経過
4.示談交渉開始から1か月半のスピード解決
5.最後に(所感)
>>>その他の解決事例はこちら

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら