1.事故直後の状況と沸き起こった不安

 

お二人が遭われた交通事故はどういうものでしたか?

ご主人

今年の2月のお昼ごろ、妻と2人で車に乗って信号待ちで停車していたところへ、後ろから突然ドーンと激突されました。

そのときのすごい音が印象に残っています。

奥様

事故直後から首がおかしく、なんだか気持ちが悪いなという感じになって、だんだんつらくなってきました。

警察の方が来た後に救急車も呼ばれ、それで病院まで運んでもらいました。


ところが、最初に運ばれた総合病院では、CTとレントゲンを撮って異常がないと言われただけした。

 

翌日も同じ病院へ通院したところ、3時間も立ったまま待たされた挙句、医師の態度は横柄で、「むち打ちだね」と言われただけだったり、診断書にも記載ミスがあったりと、とてもショックでした。

ご主人

私も、事故当日の夜から首と腰が痛くなり、翌日は妻と一緒に通院したのですが、もうここは通えないな、ということになり、縁故のあった接骨院の先生に紹介してもらって、夫婦とも別の病院に転院しました。

弁護士からのコメント

良い病院に通わないと治るものも治らず、病院側の対応が悪いとかえってそれで苦労してしまい、病状に悪影響を及ぼしかねません。そのため、病院選びは大事だという視点でサポートさせていただいております。

このご夫婦の転院先病院・接骨院は、お話を伺う限り、交通事故患者治療にも理解があり、特に問題がなさそうでした。

 

>>K様の解決事例はこちら
1.事故直後の状況と沸き起こった不安
2.弁護士・阿部貴之との出会い
3.通院の経過
4.示談交渉開始から1か月半のスピード解決
5.最後に(所感)
>>>その他の解決事例はこちら

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら