5.最後に(所感)

阿部弁護士としてはこの金額までは賠償金を獲得できるな、という見通しがあったのでしょうか?

阿部

うん。ありましたね。ここまで伸びなかったら、裁判やったほうがいいんじゃないかとか、そういうのもあるわけですよね。例えば、50万60万伸びる可能性があるんだったら、絶対裁判やったほうがいいと思うし、5万10万の世界だったら、1年裁判やるより早くお金取ったほうがいいという考え方もあると思うので、そこはご相談させていただきながら、ご本人のご希望を聞いてっていうのはあるんですね。

 

ご主人

それは先生を信頼してるんで、先生が「もうこれで。これ以上はもう無理だよ」って言われたら、それは無理だと。

 

阿部

痛みが残っちゃってお金取るっていうよりは、発想としては、ちゃんと治療に専念して、身体が治って、その間に不便していた分はちゃんときっちり補償してもらいましょう、という、それが一番幸せな形なんじゃないかな。

 

ご主人

そうですね。すっきりしました。本当に。阿部先生に頼んで、もうすっきり。もうすっきりしました(笑)。

 

奥様

阿部先生のおかげです。

 

阿部

ありがとうございます。

 

ご主人

もし次に、もし、もしですよ。万が一、なんかこういうことあったら、もう間違いなく阿部先生に相談しますね。(了)

 

>>K様の解決事例はこちら
1.事故直後の状況と沸き起こった不安
2.弁護士・阿部貴之との出会い
3.通院の経過
4.示談交渉開始から1か月半のスピード解決
5.最後に(所感)
>>>その他の解決事例はこちら

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら