2.弊所へ事件をご依頼いただいたきっかけや,正式なご依頼に至るまでの経緯はいかがでしたか?

p06

 

(阿部)

ご依頼いただいたきっかけは,相手損保が,当初支払うと言っていたF様の主婦休業損害を,最後になって支払えないと言い出したことでしたね。

(F様)

当初,担当者は,その場で上司に確認してくれて,大丈夫ですって言ってくれていたんですけれども,最後になって,ごめんなさい支払えませんと言い出したんです。
しかも,実際に言ったことを「言っていない。」と言ったりしてきて,本当に困りました。

(阿部)

もしかしたら,その後上司が異動になって交代したのかもしれませんね。
治療中の担当者の話を鵜呑みにすると,結局最後の示談交渉になってから,「話が違う」というふうになることって,実はよくある話なんですよ。ここまで極端な話はあまりないですが,例えば,あれも出します,これも出しますと言っていたけれど,示談金の提示書面をもらってよく見ると,支払っている体裁にしてあるだけで,その分は慰謝料から差し引きされているというようなことです。
そういう意味では,示談するまでは,安心してはいけません。

(S様)

あれだけ担当者が良心的だったので,「頼っちゃっていいのかな」という気持ちでおりましたが,いい勉強になりました。

(F様)

きっといい人だったとは今も思うんですけれども,組織の中の一員ですからね。

(阿部)

弊所へご相談をいただいてから,実際にご依頼をされるまでの間,どの法律事務所へ依頼しようか悩まれたと思うんですが,その際のご心境はいかがでしたか。

(S様)

そうですね。他の法律事務所へも何件か電話をしていたのもありましたし,自分の加入している損保会社さんにも相談しました。でも自分の加入している損保さんとしては,良心的な対応ではありましたが,結論としては,ご自身で選んでいただくしかないですというアドバイスでした。
相手損保の担当者の方へも,弁護士を入れようと思うと伝えたのですが,「事故につよい弁護士さんにしてください」といわれたのですが,そのときの発言が,結構弁護士さんを馬鹿にする話だったので,今まであんなに親身になっていたのに,「Sさんのために,僕はつくします」みたいな。それが,突拍子もないことを言ってくるから,その強気な態度に,怒りがこみ上げてきました。

(阿部)

S様が中心となってお選びになられたのでしょうか。

(S様)

そうです。電話したのは私ですね。「阿部先生が一番いいんじゃないか」とは母も言ってくれており,私も心の中でこの先生がいいなって思いました。

(阿部)

面談にいらして頂いて,2週間くらいご検討されておりましたかね。

(S様)

そうですね。途中で一回シーライト藤沢法律事務所さんのスタッフの鷹野さんからもお電話をいただきました。

その際には,契約して下さいっていうのがなくて,ちょうどいい距離感でした。

 

>>F様,S様親子の解決事例はこちら
1.弊所にご依頼される前に困った事や印象に残った事はありますか?また,相手損保の対応はどのようなものでしたか?
2.弊所へ事件をご依頼いただいたきっかけや,正式なご依頼に至るまでの経緯はいかがでしたか?
3.事件をご依頼いただいた後の弁護士阿部の対応はいかがでしたか?事件解決に至るまでに心配な点などはありましたか?
4.弁護士阿部にご依頼いただいてのご感想はいかがでしたか?
>>>その他の解決事例はこちら

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら