頸部痛及び腰痛について併合14級が認定され,後遺障害部分及び入通院慰謝料並びに調整金で230万円を獲得した事案

依頼者:40代男性/会社員

後遺障害内容:頸椎及び腰椎捻挫,肩甲背部痛

後遺障害等級:頸部痛について14級9号,腰部痛について14級9号,両者併合して14級を獲得

 

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 90万円 90万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 110万円(裁判基準) 110万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 55万円(裁判基準) 55万円
合計額 治療中に受任 230万円 230万円

 

相談・依頼のきっかけ

当初通院先の医師とのコミュニケーションがうまくいっていないこともあって,事故直後からご相談いただき,サポートをさせていただくこととなりました。

治療中のフォロー

 

当初の通院先については,医師と相談して紹介状を書いてもらって転院されました。医師に告げずに他院へ転院すると,病院から保険会社へ送付される経過診断書に「治癒」ないし「中止」などと記載されてしまう恐れがあり,注意が必要です。

後遺障害等級申請に向けたフォロー

この方の場合,通院にあたってのアドバイスにきちんと従っていただいたことと,医師にご作成いただいた後遺障害診断書及び関連書類の記載内容がしっかりしていたため,他覚的所見は乏しかったものの,無事,頸部痛について14級9号,腰部痛について14級9号,両者併合して14級を獲得できました。

弁護士阿部が関与した結果

その後,保険会社と交渉しましたが,入通院慰謝料と後遺障害慰謝料は裁判基準の提示がなされたものの,逸失利益だけはやや低い水準から譲歩を得られませんでした。そこで,依頼者の方とご相談の上,裁判をすることとなりました。
裁判では通院期間が長すぎるとして加害者側に争われたため,裁判所から提示された和解案では,後遺障害逸失利益は裁判基準となったものの,入通院慰謝料の金額が,実際の通院期間よりも短く計算されてしまいました。ただし,総額としては交渉時よりも15万円ほどの増額となったため,判決の場合,さらに金額が落ちるリスクも考慮し,依頼者の方とご相談の上,和解案を受け入れることとなりました。

弁護士の所感・解決のポイント

 

頸部痛・腰部痛での後遺障害14級の傾向

14級9号は,強い痛みが残ってしまった方であれば,他覚的所見(客観的異常)に乏しくても,適切な通院により認定される可能性は十分あります。
逆に,12級13号は,単に他覚的所見があるだけでは認定されません。私の経験上からの印象としては,事故後継続する強い痛みを訴えている方々のうち,12級13号が認定される方は数十人に1人くらいといったところです。

訴訟にするかどうか判断の視点

本件は,事故直後からサポートさせていただいたため,等級認定までは順調でした。
しかし,裁判にすると,かえって賠償額が交渉時よりも減る可能性があるということを改めて考えさせられ,冷やりとさせられた事案でもありました。
裁判とした場合,それまでの交渉は一度仕切り直しとなります。その上,相手方も弁護士を付けて激しく争ってきます。しかも,最近の裁判所は交通事故裁判が増えた結果,大量の交通事故事件を処理することが余儀なくされ,1つ1つの事件を丁寧に被害者の方の立場を考えた上で結論を出してくれる裁判官が減ってきております。そのため,裁判にすることで,かえって交渉時に提示されていた賠償額より減ってしまうリスクもあります。減額リスクのある事案では,交渉においてある程度のところで妥協し,裁判としない方が良いと考えられることもあります。

雑感

本件は,事故直後に自賠責実務と医療の知識を持つ弁護士にご相談いただくことの重要性のみならず,時には交渉で示談解決する方が,結果としては得られる賠償額が大きい場合もあるということを示す事例といえます。

むち打ちについて

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら