【解決事例】交通事故の受傷により通院治療中のところ再度交通事故に遭ってしまった事例


依頼者: 20代男性/学生
傷害内容:頸椎捻挫,腰椎捻挫,右ひざ捻挫,右下肢筋挫傷,右ひじ打撲
通院期間:7か月

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 97万円 97万円
合計額 治療中に受任 97万円 97万円

 

 

1 相談・依頼のきっかけ

交通事故(追突)の被害に遭い,通院・治療中であったところ,再度交通事故(追突)の被害に遭い首をさらに痛めてしまい,状況が複雑になってしまったため不安を覚え,弁護士特約に加入しているため依頼したいとのことでご相談・ご依頼いただきました。

2 示談交渉の結果

本件の依頼者の方は内職をされており,その休業損害も問題となったのですが,相手損保がその点を対応しようとしなかったため,裁判をすべきか否かが問題となりました。
しかし,ご依頼者の方としては,早期解決を特にご希望であり,かつ,慰謝料は裁判基準満額での提示を受けていたこともあり,ご本人とご相談の上,休業損害の回収には目を瞑り,示談による早期解決という結果となりました。

3 弁護士の所感・解決のポイント

多重事故に遭った場合,異時共同不法行為に該当するか,1事故目と2事故目とでの損害への寄与度がそれぞれどの程度か,ということが問題となります。特に,1事故目と2事故目とで,負傷部位が共通してしまう場合,1事故目加害者と2事故目加害者の賠償額の負担割合での調整が困難となり,1事故目の損保会社と2事故目の損保会社との交渉が複雑となります。
本件は,その点大きく揉めることなく調整がつき,無事示談解決となりました。
弊所では,交通事故で立て続けに被害に遭われた方のご相談,ご依頼も承っております。こういった事案は,漫然と時の経過を許すと事件解決がより困難となる傾向にあります。お早めに弁護士へご相談ください。

 

>むち打ちについて

  0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら