疼痛性感覚異常(CRPS、RSD)の後遺障害等級について

CRPS(RSD)とは

正式名称は、「複合性局所疼痛症候群(ふくごうせいきょくしょとうつうしょうこうぐん)」と言い,英語では「Complex Regional Pain Syndrome」頭文字を取ってCRPSです。CRPSは総称であり,交感神経の関与の有無に応じて,神経損傷を伴わない「RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)」はTypeⅠ,と神経損傷を伴う「カウザルギー」はTypeⅡと分類されます。
多くの場合,きっかけとなる外傷があり,その外傷の程度や治癒過程から説明できない、不釣り合いな非常に激しい疼痛が現れます。CRPSに特徴的とされる症状は様々です。じっとしていても痛い(自発通)に加え,少し触れただけでも痛み,ぶつかると耐えられないほどの痛みが走ります。痛み以外にも,感覚過敏・感覚低下、皮膚の色の変化(発赤、チアノーゼなど)、発汗異常(過剰、過少)、皮膚温度の異常(熱感や冷感)、皮膚の浮腫み・萎縮・色素沈着、骨の萎縮、筋肉の萎縮など、相反する症状が含まれます。

診断方法

RSDなどのCRPSは,診断や治療は医師であってもその判断が難しく,診断が見過ごされてしまうことがあります。また,後遺障害の認定の際にも,その立証が難しいとされています。上記のような症状が現れた場合には急性期のできるだけ早い段階で専門医に治療と立証をお願いしておくことが重要です。診断書基準としては,以下の内容です。
①きっかけとなった事故や怪我などのイベントに不釣り合いな持続性の疼痛
②以下の4項目のうち3項目に少なくとも1つの症状があること
感覚異常:感覚過敏、触れた程度での異常な痛み
血管運動異常:皮膚温の左右差、皮膚色の変化、皮膚色の左右差
発汗異常/浮腫:浮腫、発汗の変化、発汗の左右差
運動異常・萎縮:可動域の低下、運動障害(筋力減少、振戦、ジストニア)、萎縮性変化(毛、爪、皮膚)
③評価時に上記の2つ以上の項目に少なくとも1つの徴候があること
④上記の症状や徴候をよりうまく説明できる他の診断がない

CRPS(RSD)の後遺障害等級

CRPSやRSDが認められた場合,以下の後遺障害第7級~第14級のいずれかに該当する可能性があります。

第7級4号    神経系統の機能又は精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級10号    神経系統の機能又は精神に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
第12級13号   局部に頑固な神経症状を残すもの

カウサルギーは,主要な末梢神経損傷を伴うので,痛み等の原因が明らかな為,具体的な症状によって,上記の等級に該当するかということになりますが,RSDに関しては,神経損傷を伴わない為,RSDと認定されるには,
「(1)関節拘縮(2)骨の萎縮(3)皮膚の変化(皮膚温の変化,皮膚の萎縮)という慢性期の主要な3つのいずれの症状も健側(健康な側)と比較して明らかに認められる場合」という基準を満たすことが必要となります。
上記2,で示した通り,医療分野の基準には「骨の委縮」が入っていないので,病院の医師からは「CRPS(RSD)」と診断されたにも関わらず,自賠責保険では,診断基準を満たしていないという理由から,後遺障害として認められないという場合があるようです。

CRPS(RSD)の後遺障害等級認定のポイント

まず,RSDの認定条件である,(1)関節拘縮(2)骨の萎縮:(3)皮膚の変化(皮膚温の変化,皮膚の萎縮)を立証する為には,
(1)関節拘縮:関節の可動域検査をすることにより立証します。
(2)骨の萎縮:レントゲンやMRIの画像によって判断できる場合があるので,撮影は必須となる。 また,正常な側との比較が重要であるため、左右のレントゲンやMRIの撮影を行うようにします。
(3)皮膚の変化(皮膚温の変化,皮膚の萎縮):MRIやサーモグラフィー検査によって、左右の皮膚温差が少なくとも1度以上の低下があるか否かの情報が必要となります。

また,痛みは被害者の主観的な要素が多い為,診察や検査に基づく医師の見解が非常に重要となります。したがって,被害者の方が,後遺症に見合った適正な補償を受けるには、症状をできる限り客観的に立証するという観点から治療を受ける必要があります。どのようにすれば適正な補償を受けられるかという問題を乗り越えていくには、繰り返しにはなりますが,適正な後遺障害等級を獲得するために急性期の出来るだけ早い段階で専門医に治療と立証をお願いしておくことが重要となります。併せて,医学的な知見に通じた弁護士からもアドバイスを受ける必要性が高いといえます。

CRPS(RSD)の疑いがある,または病院で診断されたが,その後,後遺障害等級の申請に関してお困りの方は,弊所では後遺障害等級の申請(被害者請求)を行っております。また弊所では病院の通院段階からのご相談も承っておりますので,お困りの方はぜひ弊所までご連絡をお願い致します。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら