外傷性頸部症候群について後遺障害が認定され,低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)についてブラッドパッチの治療費(約半額)回収に成功した事例

依頼者:50代女性/兼業主婦

後遺障害内容:外傷性頸部症候群(いわゆる「むち打ち」)による頸部痛,頭痛,めまい,左手痺れ,右手痺れ

後遺障害等級:頸部痛,頭痛,両手の痺れについて14級9号を獲得

 

賠償項目

ご相談前 獲得額

増加額

ブラッドパッチ治療費 治療中に受任 50万円 ※ 50万円
休業損害 治療中に受任 17万円 17万円
通院慰謝料 治療中に受任 87万円 87万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 99万円 99万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 77万円(裁判基準) 77万円
調整金 治療中に受任 73万円 73万円
合計額 0万円 403万円 403万円

※その他の治療費はすべて回収しました。

 

1 相談・依頼のきっかけ

事故から1年半以上経過するのに症状が改善せず通院中とのことでご相談をいただきました。通院期間が長期に渡り,これまで通院してきた病院の医師からは症状固定の時期に来ていると言われてきたとのことでした。

 

2 後遺障害等級申請に向けてのフォロー

お話を伺う限り,当時の通院先もあまり親身になってくれる病院ではなさそうでした。

現在の通院先ではしっかりとした内容の後遺障害診断書の取得が望めないこと,これ以上治療を続けても治療費の回収が難しくなるばかりであることなどから,親身になって治療にあたっていただける病院をご紹介し,そちらで近日中に症状固定の診断をつけてもらい,後遺障害診断書を作成していただくこととなりました。

 

3 後遺障害等級の獲得

結果,自賠責保険において,頸部痛等について14級9号を獲得できました。

 

4 弁護士阿部が関与した結果

(1)ブラッドパッチの治療費の回収

相手方保険会社と交渉しましたが,最大の論点はブラッドパッチ費用の回収でした。

一般に,ブラッドパッチ費用は高額に上るため,裁判での回収は容易ではないという特徴があります。特に,ブラッドパッチ実施の結果,あまり効果が出なかった場合は,さらに回収が困難となります。

当初相手方保険会社は,同社が既に支払済みのブラッドパッチ費用すら否認してきたため,1度は治療の有効性を理解して費用を支払ったではないかということを強調して粘り強く交渉しました。

(2)調整金の加算による増額

調整金が加算される前の時点で交渉が一時こう着状態になりました。もう少しは増額が見込めるのではないかということで,裁判の方向で進めようとした矢先,口頭で上記の調整金の提示がありました。

そこで,色々と試算し,検討し,依頼者の方とご相談しました。

以上の結果,上記のとおりの金額を獲得しました。

※詳しくは冒頭の表をご覧ください。

 

5 弁護士の所感・解決のポイント

後遺障害の内容が頸部痛(いわゆる「むち打ち」)でしかないと,症状固定までの相当期間として裁判所が認める治療期間は半年から1年程度が大半です。

ブラッドパッチの効果が限定的であったこと,ブラッドパッチを実施した医師を含め多くの通院先が,あまり協力的ではなく,カルテの記載内容も芳しくないことなどから,裁判をせず示談するというご決断をされました。

妥当な解決であったと思います。

>むち打ちについて

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら