【解決事例】頸部痛(むち打ち)の後遺障害が残存した自営業の方について14級を獲得できた事例

依頼者:30代男性/自営業
通院期間:約7か月
後遺障害内容:頸部痛(14級),腰痛
交通事故地:茅ヶ崎

賠償項目 ご相談前 獲得額 増減額
入通院慰謝料 治療中に受任 255万円 255万円
休業損害 治療中に受任
後遺障害慰謝料 治療中に受任
後遺障害逸失利益 治療中に受任
合計額 治療中に受任 約255万円 約255万円

 

1 相談・依頼のきっかけ

ご相談者は,交差点内で,赤信号を無視して交差点に進入してきた車両に側面衝突されるという,交通事故の被害に遭い,首と腰のほか,足首,小指などを負傷された方です。治療中のところ,物損での交渉で話し合いがうまく進まないことをきっかけに,ご相談,ご依頼いただきました。

2 治療中のフォローについて

弊所のアドバイスをもとに,物損は無事自己解決できたとのことでしたので,治療状況を確認しながら,通院計画をどのように立て,どのように通院や必要な検査を受けていくかについて適宜ご相談に乗らせていただきました。
整形外科のほか,鍼灸院へも通いながら,弁護士と相談して決めた通院計画どおりに,熱心に治療を受けておられたのですが,残念ながら,むち打ちと腰痛の後遺症が残ってしまいました。

3 後遺障害等級の申請について

そこで,後遺障害診断書や医学的な補足資料を収集し,弊所にてチェックを行いました。
後遺障害診断書には「腰痛」の記載があるにもかかわらず,補足資料には「腰痛」の記載がないなど,一部,修正が望まれる内容の医学資料がありました。
しかし,頸部痛については上肢のしびれも含めて記載がしっかりとあったため,ご本人のご要望を受け,ひとまずは,どうしても必要な修正のみを医師にお願いすることとなりました。
結果,修正をお受けいただきましたので,自賠責保険への後遺障害等級の審査を申請致しました。
その結果,むち打ち(頸部痛)の後遺症には14級の後遺障害等級が認定されました。
腰痛については後遺障害等級が認定されませんでしたが,これはやはり修正が必要であったためと思われます。

4 示談交渉の結果

後遺障害等級の認定が,首のみであっても,腰も首もであっても,示談金への影響はあまりないため,むち打ち(頸部痛)14級の認定をもとに示談交渉を行いました。
本件被害者は自営業の方であり,かつ,節税対策の結果,確定申告書上の所得額が少ないことから,休業損害と後遺障害逸失利益の立証には相当な工夫を要求されました。ご本人から様々な収入関係資料を頂戴し,多角的な分析をした上で何度も打ち合わせを行い,示談交渉方針を立て,適正な賠償金額の獲得を目指して粘り強く交渉致しました。
その結果,上記のとおり,概ね裁判基準に基づいた適正な賠償金を獲得することができました。

 弁護士の所感・解決のポイント

本件は,弁護士とご本人とで相談して一緒に立てた通院計画をしっかりと遵守していただいた結果,後遺症が残ってしまったものの,きちんと適正な補償を獲得できた事例といえます。
交通事故によるむち打ちや腰痛に悩んでおられる方におかれましては,万一のことを考え,お早めにご相談ください。
通院計画の立案についても弊所弁護士がお力添え致します。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら