【解決事例】交通事故の被害に遭われたトラック運転手の方のむち打ち・腰痛の後遺障害について,14級を獲得し、相手損保が後遺症の補償部分として約220万円(労働能力喪失期間6年)を認定した事例

依頼者:50代男性/会社員
後遺障害内容:頸部痛,腰痛等
後遺障害等級:14級
通院期間:約1年

賠償項目 ご相談前 獲得額 増減額
入通院慰謝料 治療中に受任 約113万円 約113万円
後遺傷害慰謝料 治療中に受任 110万円 110万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 約109万円 約109万円
過失相殺による上記費目部分の減額分(5%) 治療中に受任 約48万円 約48万円
合計額 治療中に受任 約274万円 約274万円

 

1 相談・依頼のきっかけ

ご依頼者は,勤務先から帰宅するため,バイク乗車中に交通事故被害に遭われた方でした。
相手損保とのやり取りで分からないことが多く不安を覚えたので,今後の示談交渉を見据えてご相談いただきました。
ご相談でのアドバイスなどにご満足いただけたようで,ご依頼をいただきました。

2 当事務所の活動

①通院治療中のアドバイス
治療経過を定期的に確認させていただき,その際には症状やこれまで受けられた検査の内容などもお聞きし,今後受けるべき検査や医師とのコミュニケーションの取り方などについてアドバイスしました。
また,症状固定以前に,相手損保から治療費の支払いを打ち切られてしまったため,通勤災害であったことから,労災保険を利用して症状固定まで通院を継続することなどをアドバイスしました。

②接骨院施術費回収の交渉
相手損保が通院していた接骨院への施術費の支払いを拒んでおり,困っているとのご相談をいただきました。詳しく事情を伺ったところ,病院の医師から接骨院でのリハビリの許可を得ていたとのことでした。
そこで,根拠資料の収集をお手伝いし,根拠資料をもって相手損保と交渉した結果,相手損保の態度を改めさせることができました。

③自賠責保険への後遺症の申請
治療を続けたもののむち打ちと腰痛の症状が残ってしまったとのことであったため,必要資料のほか,後遺障害等級が認定される可能性を高める医学的な補助資料も弊所にて手配しました。
また,ご本人から聞き取った症状と後遺障害診断書上の記載とを比較し,症状に見合った書類修正についてのアドバイスなどを行いました。
以上をもとに,弊所にて自賠責保険への後遺症の審査の申請を行いました。
その結果,無事後遺障害等級が認定されました。

④示談交渉
弊所にて損害計算を行い,示談交渉を行いました。
その結果,原則として5年間とされる労働能力喪失期間を6年まで延長させることができ,後遺障害逸失利益の費目を裁判基準よりも約20万円増額させることができました。
その他の費目についても裁判基準と同等の金額まで譲歩させることができ,示談解決となりました。

3 弁護士の所感・解決のポイント

自覚症状が主体のむち打ちの後遺症の場合,通院中の検査や治療内容や通院先の医師とのコミュニケーションのほか,医師が発行する後遺障害診断書の内容が重要です。また,補助的な医学資料を取り付けることも,等級が認定される可能性を上げるためには検討が必要です。
これらをどのように進めていくかについては専門的な知識が必要です。
交通事故被害に遭い,むち打ちでお悩みの方におかれましては是非ご相談ください。
弊所でお力になれることがあれば幸いです。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら