【解決事例】バイクで交通事故被害に遭われた兼業主婦の方について約400万円の損害額(後遺障害14級)を認めさせた事例

依 頼 者: 60代女性/専業主婦

後遺障害内容:右膝関節の疼痛・神経症状(14級)

通院期間:約7か月半

交通事故地:茅ヶ崎

 

ご依頼者様

賠償項目 ご相談前 獲得額 増減額
入通院慰謝料 治療中に受任 約90万円 約90万円
休業損害 治療中に受任 約140万円 約140万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 99万円 99万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 約79万円 約79万円
過失割合 40%減額 10%減額 30%分増額
合計額 治療中に受任 約370万円 約370万円

 

1 相談・依頼のきっかけ

ご依頼者は,バイク走行中に右折してきたトラックに衝突されるという交通事故被害遭われたとのことでした。頸部痛や腰痛のほか,右膝挫傷後の症状が残存しているにもかかわらず,相手損保から治療費の支払いを打ち切られたため,今後の後遺症の等級申請や示談交渉についてご相談・ご依頼いただきました。

2 後遺障害等級の申請について

医師が症状固定の診断をしていないとのことであったため,しばらく経過を見ましたが,症状が改善しないため,症状固定となり,後遺障害等級の申請準備をサポートいたしました。

膝関節が動揺しているか否か確認しましたが,医師によるとこちらの症状はないとのことでした。そこで,後遺障害診断書等重要書類をチェックし,自賠責保険に対して後遺障害等級の申請を行いました。

その結果,頸部及び腰部の症状に後遺障害等級は認定されませんでしたが,右膝の疼痛及び神経症状については,無事後遺障害等級(14級)が認定されました。

3 示談交渉の結果

当初,相手損保は,以下のとおり主張して譲りませんでした。

①ご依頼者は兼業主婦であり,パート収入(年約80万円)をベースに実際休業した1か月分しか支払えない。

②ご依頼者側の過失割合は40%である。

これに対し,弊所では以下のとおり反論し,粘り強く交渉しました。

①兼業主婦であっても主婦業への影響を勘案し,主婦(年収360万円)をベースとしての休業損害が支払われるべきである。

②実況見分調書を入手・分析し,裁判例を調査した結果では,仮に過失割合が認められたとしても10%である。

交渉の結果,上記のとおりの賠償金提示がありました。

そこで,ご依頼者とご相談した結果,後遺傷害慰謝料についてのみ見ると,裁判をした場合の90%の金額ではあるものの,休業損害については高額な提案であり,またその他の金額は概ね裁判をした場合と同額の提示であることも踏まえ,示談にて決着することとなりました。

4 弁護士の所感・解決のポイント

本件は,後遺障害等級を獲得でき,休業損害及び過失割合について大幅な譲歩をさせることができたことから,成功事例の一つと考えております。

交通事故で膝関節を負傷してしまわれた方は,万が一治らなかった場合のことも考え,お早めに弊所弁護士へご相談ください。弊所が少しでもお役に立てましたら幸いです。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら