【解決事例】お子様を乗せて運転していた際に追突の交通事故被害に遭い,むち打ちの後遺症が残存した専業主婦の方について,慰謝料等で390万円の賠償金を獲得できた事例

依頼者:40代女性/専業主婦
後遺障害内容:頸部痛(14級),腰部痛
通院期間:約9カ月半

賠償項目 ご相談前 獲得額 増加額
入通院慰謝料 治療中に受任 約100万円 約100万円
休業損害 治療中に受任 約104万円  約104万円
後遺障害慰謝料 治療中に受任 110万円 110万円
後遺障害逸失利益 治療中に受任 約76万円 約76万円
合計額 治療中に受任 約390万円 約390万円

 

1 相談・依頼のきっかけ

2人のお子様を乗せて運転中に交通事故被害(追突事故)遭い治療中のところ,今後どのようにしていけばいいか分からないことが多く,弁護士に任せたいとのことで,ご相談,ご依頼いただきました。

2 後遺障害等級の申請について

治療中における諸々のご相談に乗りながらサポートを致しました。お子様お二人については1か月半程度の治療を経て快癒されました。しかしながら,ご相談者には首と腰の痛み(後遺症)が残ってしまいました。
そこで,弊所にて後遺障害診断書等の医療記録をチェックし,医師へ修正を求めるべき部分についてのアドバイスなどのサポートを行いました。
結果,首のむち打ちについては無事後遺障害等級が認定されました。

3 示談交渉の結果

ポイントを的確に捉え,粘り強く交渉した結果,上記のとおり,裁判をすることなく,裁判をした場合と同基準での賠償金を獲得することができました(治療費や交通費を除いて約390万円)。

4 弁護士の所感・解決のポイント

この依頼者の方の場合,当初,後遺障害診断書内に好ましくない記載が含まれておりました。そこで,ご本人から症状を聞き取り,その内容を踏まえ,医師への相談方法についてアドバイスし,医師においても相談の趣旨を聞き入れていただけた結果,上記のとおり,むち打ちについて適正な後遺症の補償を得ることができました。
本件は,弊所のサポートが功を奏し,後遺症の補償のほか,比較的高額な休業損害を獲得できた成功事例と考えております。
交通事故でむちうちや腰痛になってしまわれた方は,万が一治らなかった場合のことも考え,お早めに弁護士へご相談ください。

 
0466-53-9340
メールでのお問い合わせはこちらご相談の流れはこちら